レースレポート
FIA F3 Hungaroring

オサリバンが逃げ切ってレース2をポール・トゥ・ウィン。ベガノビッチ2位でプレマワンツー|F3ハンガロリンク

FIA F3第8戦ハンガロリンクのレース2が行なわれ、ザク・オサリバンが勝利した。

Zak O'Sullivan, Prema Racing

 FIA F3第8戦のレース2がハンガリー・ハンガロリンクで行なわれた。優勝を飾ったのは、ザク・オサリバン(プレマ)だった。

 レース2は気温22度、路面温度29度のコンディションでスタート時刻を迎えた。ポールポジションを獲得したのはザク・オサリバン、2番手にはディノ・ベガノビッチ(プレマ)、3番手にレオナルド・フォルナローリ(トライデント)が並んだ。

 全19周のレースはポールシッターのオサリバンがしっかりと先頭をキープする形でスタートを切った。そこにベガノビッチ、フォルナローニと順当に予選上位のドライバーが続いて行く形となった。後方集団ではサイドバイサイドのバトルが展開されたが、大きな混乱はなかった。

 オサリバン、ベガノビッチ、フォルナローニのトップ3はそれぞれがDRS圏内の1秒差以内に少し届かないような距離での走行が続く状況で、なかなか変化がないままラップを消化していく。その間に4番手のフランコ・コラピント(MPモータースポーツ)が上位集団に接近しはじめた。

 ただトップのオサリバンは堅調な走りで徐々にそのリードを拡大していき、レース約半分となる9周目には3秒以上にまで後続とのギャップを拡大し、一人旅のレースとなった。

 先頭が逃げる中、3番手のフォルナローニはコラピントからプレッシャーに晒され続けた。そして9周目のターン1でついにオーバーテイクを許してしまい、コラピントが3番手に浮上した。

 それ以降、トップ3に仕掛けられるようなペースを持つドライバーは現れず。オサリバンが余裕のリードをキープして勝利した。またベガノビッチが2位となり、プレマがワンツーフィニッシュを収めた。3位はコラピントだった。

 ランキング首位のガブリエル・ボルトレト(トライデント)は追い上げて2位に入ったレース1のようにポジションを上げて行くことができず、最終的に7位でフィニッシュ。ランキング2番手のジョセップ・マリア・マルティ(カンポス)には6位で先んじられたが、ランキング上のリードを大きく縮まることはなかった。

 
 
     
Driver Info
 
 
 
   
順位 ドライバー # 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ピット ポイント リタイア原因 ボーナス
1 United Kingdom Z. O'Sullivan Zak O'Sullivan プレマ 3 19         25   3
2
D. Beganovic Dino Beganovic プレマ
2 19 2.3       18    
3 Argentina F. Colapinto Franco Colapinto MPモータースポーツ 10 19 6.4       15    
 

 

前の記事 ミニが見事なレース運びでレース1優勝。最後のコーナーでオーバーテイク決めたボルトレトが2位|F3ハンガロリンク
次の記事 スプリントはセーフティカー祭りで隊列フィニッシュ。カイオ・コレが勝利|F3スパ

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本