レースレポート

スプリントはセーフティカー祭りで隊列フィニッシュ。カイオ・コレが勝利|F3スパ

FIA F3第9戦スパ・フランコルシャンが行なわれた。レース1の勝者は、カイオ・コレ(VAR)だった。

Caio Collet, Van Amersfoort Racing

 FIA F3第9戦スパ・フランコルシャンのレース1が行なわれ、カイオ・コレ(VAR)が優勝した。

 スプリントレースのポールポジションはヒュー・バーター(カンポス)、2番手ポール・アロン(プレマ)、3番手にテイラー・バーナード(イェンツァー)という並びだ。

 前日の予選は雨に見舞われたスパ・フランコルシャン。スプリントレース直前のコンディションは路面こそ濡れている部分もあったが、天候は小康状態を保っていたため、各車はドライ用タイヤでフォーメーションラップへ向かった。

 1周目のケメルストレートではポールシッターのバーターがスリーワイドの激しい争いを抑える場面を見せたが、2周目にバーターはコレを抑えきれず先頭を譲り渡すこととなった。

 なお後方では、セバスチャン・モントーヤ(ハイテック)とラファエル・ヴィラゴメス(VAR)の絡むクラッシュが発生。モントーヤのマシン回収のためセーフティカー(SC)が出動する事態となった。

 SCは3周目で終了しレースが再開したが、濡れた路面での争いの中、すぐにまた別のクラッシュが発生。ホセ・マリア・マルティ(カンポス)がガブリエレ・ミニ(ハイテック)と接触してコースオフした後、さらにマルティはコースへ復帰の際にイド・コーエン(カーリン)と接触してしまい、マシンが大破。両者ともにレースをリタイアとなった。

 その結果再びSCが出動し、全12周のレースはSCランが大半の状況で7周目までを消化してしまった。

 レースが再開され、今度はクラッシュもなく進んで行くかと思われたが、今度は9周目にガブリエル・ボルトレト(トライデント)がターン1で後方から接触があったことによってダメージを受けた。その結果、彼はケメルストレートにマシンを止めざるを得ず、3度目のSC出動となった。

 そしてレースはSC先導のまま最終ラップに突入。そのままフィニッシュとなり、コレが優勝となった。2位はバーナード、3位はアロンだ。

 

前の記事 オサリバンが逃げ切ってレース2をポール・トゥ・ウィン。ベガノビッチ2位でプレマワンツー|F3ハンガロリンク
次の記事 ドライか? ウエットか? 際どい路面状況で“正解”のタイヤ戦略当てたイェンツァーのバーナードがフィーチャーレースで初優勝|F3スパ

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本