F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
26
:
51
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

F3シュピールベルク:レース1はプレマがワンツー。ピアストリが優勝飾る

シェア
コメント
F3シュピールベルク:レース1はプレマがワンツー。ピアストリが優勝飾る
執筆:
2020/07/04 9:26

FIA F3開幕ラウンドのレース1が行なわれ、プレマのオスカー・ピアストリが優勝を飾った。

 2020年FIA F3の開幕ラウンドであるシュピールベルク戦の予選がオーストリアのレッドブルリンクで行なわれ、プレマ・レーシングのオスカー・ピアストリが優勝した。

 F1やFIA F2と同様、新型コロナウイルスで開幕が遅れていたFIA F3も、レッドブルリンクで開幕を迎えた。

 快晴の下、迎えたレース1は気温19度。路面温度35度というコンディション。5番グリッドからスタート予定だったジェイク・ヒューズ(HWA)がフォーメーションラップを終えてピットに戻る中、24周のレースがスタートした。ヒューズのマシンはタイヤの装着が不完全だったのか、ピットでの確認を経てレースに合流した。

 ターン1でポールシッターのセバスチャン・フェルナンデス(ARTグランプリ)が接触しコースオフ。代わって3番グリッドスタートのピアストリがトップに立った。フェルナンデスは、ターン1に向けて進入する際、イン側にいたピアストリと接触してしまったようだ。フェルナンデスのマシンはダメージを負っており、今季のリタイア第1号となってしまった。

 2番手のリリム・ツェンデリ(トライデント)がローガン・サージェント(プレマ)とバトルを続ける間に、ピアストリはリードを広げていった。

 DRSが使用可能となり、しばらく10台以上のマシンが2番手集団を形成していたが、レース折り返しを迎える頃には、これがサージェントとアレクサンダー・プローニ(カンポス)、フレデリック・ベスティ(プレマ)の3台に絞られた。

 残り周回が10周を切ると、サージェントがギヤを一段上げペースアップ。ファステストを叩き出すが、ピアストリもこれに反応。3秒前後のギャップを保って周回を重ねていった。

 結局、ピアストリは後続にチャンスを与えずトップチェッカー。チームメイトであるサージェントの追撃を1.6秒差で振り切り、今季最初のレースで優勝を飾った。

 3位にはプローニが入り、プレマ勢の表彰台独占を防いでいる。

 レッドブル育成ドライバーのイゴール・フラガ(チャロウズ)は、予選で電気系トラブルに見舞われ最後尾30番手からのスタート。しかし、スタート直後から怒涛のポジションアップ。3周目が終わるころには19番手までポジションを上げた。フラガは最終的に16位でフィニッシュ。ポイント獲得はならなかったが、印象的な走りを見せた。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Australia Oscar Piastri Italy プレマ・レーシング 24 -        
2 United States Logan Sargeant Italy プレマ・レーシング 24 1.600 1.600 1.600    
3 Australia Alex Peroni Spain カンポス・レーシング 24 3.000 3.000 1.400    
どんな環境でも結果を残す。レッドブルが無視できなかったイゴール・フラガの才能〜前編〜

前の記事

どんな環境でも結果を残す。レッドブルが無視できなかったイゴール・フラガの才能〜前編〜

次の記事

F3シュピールベルク:レース2はレッドブル育成のリアム・ローソンが優勝

F3シュピールベルク:レース2はレッドブル育成のリアム・ローソンが優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
イベント Spielberg
執筆者 松本 和己