F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

F3オーストリア予選:アームストロングがPP。名取鉄平21番手、角田裕毅27番手

シェア
コメント
F3オーストリア予選:アームストロングがPP。名取鉄平21番手、角田裕毅27番手
執筆:
2019/06/28 16:45

FIA F3第3ラウンド、オーストリアの予選が行われ、プレマ・レーシングのマーカス・アームストロングがポールを獲得した。

 FIA F3第3ラウンド、オーストリアの予選は、プレマ・レーシングのマーカス・アームストロングがポールポジションを獲得した。

 30分の予選セッションでまず主導権を握ったのは、プレマ・レーシング勢。アームストロングが1分20秒462でトップに立ち、ユアン・ダルバラ、ロバート・シュバルツマンが続き、プレマがトップ3を独占したのだ。

 しかしセッション開始から10分が経過した時点で、ポイントリーダーのシュバルツマンがコースサイドでマシンを止めてしまった。マシンがコース外に出されるまで黄旗が振られたこともあり、各車が一旦ピットに戻った。

 この時点で、名取鉄平(カーリン)は12番手、角田裕毅(イェンツアー)は24番手だった。

 各車がタイヤを履き替え、2度目のコースイン。残り時間が6分を切る頃から、アタックへ入っていった。

 アームストロングが全体ベストを塗り替えるペースでセクター1と2を抜けるなど、各車がアタックに入っているタイミングでローガン・サージェント(カーリン)が最終コーナーでコースオフ。タイヤバリアに突き刺さってしまい、セッションは赤旗中断となった。かなり激しいクラッシュだったが、幸いにもサージェント本人には怪我はなかったようだ。

 赤旗が出される前にタイムを更新できたのは、3番手に浮上したユーリ・ヴィップス(ハイテックGP)や4番手につけたレオナルド・プルチーニ(ハイテックGP)など数台だけだった。

 セッションは残り時間4分23秒から再開。土壇場でマックス・フュートレル(ARTグランプリ)が1分19秒839を叩き出すも、1分19秒716までタイムを更新したアームストロングが譲らず、ポールポジションを獲得した。3番手はヴィップス、4番手はダルバラだった。

 ポイントリーダーのシュバルツマンは最終的に12番手。名取は21番手、角田は27番手で予選を終えている。

【リザルト】FIA F3第3ラウンド:オーストリア予選

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 New Zealand Marcus Armstrong プレマ・レーシング 14 1'19.716     195.363
2 United Kingdom Max Fewtrell ARTグランプリ 16 1'19.839 0.123 0.123 195.062
3 Estonia Jüri Vips ハイテック・レーシング 17 1'19.896 0.180 0.057 194.923
4 India Jehan Daruvala プレマ・レーシング 14 1'19.934 0.218 0.038 194.830
5 Denmark Christian Lundgaard ARTグランプリ 14 1'20.003 0.287 0.069 194.662
次の記事
F3フランス:レース2はシュバルツマン優勝。角田裕毅は悔しいノーポイント

前の記事

F3フランス:レース2はシュバルツマン優勝。角田裕毅は悔しいノーポイント

次の記事

F3オーストリアレース1:ヴィップス逆転優勝。日本勢は入賞ならず

F3オーストリアレース1:ヴィップス逆転優勝。日本勢は入賞ならず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
イベント オーストリア
執筆者 松本 和己