速報ニュース
FIA F3 Spielberg II

F3シュピールベルク2:レース2はプルシェールが初優勝! ローソン快走もクラッシュ

FIA F3の第2ラウンド・レース2がレッドブルリンクで行なわれ、ARTグランプリのテオ・プルシェールが初優勝を挙げた。

Theo Pourchaire, ART Grand Prix

 2020年FIA F3の第2ラウンド、シュピールベルク戦のレース2がオーストリアのレッドブルリンクで行なわれ、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)が優勝した。

 前日に行なわれたレース1は悪天候により半分ほどの周回数で赤旗中断、レース成立となったが、日曜日のレース2はそこから一転、眩しい日差しの好天となった。なおポールポジションはリバースグリッド制によりレース1で10位だったジェイク・ヒューズ(HWA)がつけた。

 なおフォーメーションラップではマッテオ・ナニーニ(イェンツァー)にトラブルが発生し、彼はそのままピットレーンに戻りスタートしたものの、最終的にリタイアした。

 スタートは2番手のプルシェールが決め、ヒューズとサイドバイサイドの争いに。頭を抑えたプルシェールが先頭で引っ張り、ヒューズ、リアム・ローソン(ハイテック)、ローガン・サージェント(プレマ)が続いた。

 3周目からDRSが有効となると先頭の3台がスリーワイドでトップ争い。一時的にローソンがトップを行く場面もあったが、ヒューズがトップの位置を固めた。

 レースも3分の1となる8周頃には先頭争いの台数も絞られ、ヒューズ、ローソン、プルシェール、サージェントの4台がトップ集団を形成した。

 11周目、ソフィア・フローシュ(カンポス)がターン4に向かう途中でアレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)と接触。フローシュがコース脇にマシンを停めたことでセーフティーカーが出動した。またアレッシオ・デレッダ(カンポス)はグラベルにはみ出た際にフロントウイングを破損しピットインした。

 マシンの回収が終わると、レースは残り8周からリスタート。先頭は10周目にヒューズを追い抜いたローソンだ。彼は直後にチャージをかけてきたヒューズをいなして先頭を堅持し続けた。

 残り4周、ターン4でヒューズはローソンにオーバテイクを仕掛けた。しかしイン側のローソンが縁石でマシンを滑らせ、両者は接触。ヒューズ、ローソン共にマシンを停める結果となった。

 これによりトップには3番手を走っていたプルシェールが浮上。また再びセーフティーが出動することとなった。

 そしてレースはセーフティーカーランのまま最終ラップを迎え、プルシェールが先頭でチェッカーを受け嬉しい初優勝を記録した。2位はサージェント、3位はデビッド・ベックマン(トライデント)が続いた。

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F3シュピールベルク2:レース1は天候悪化により途中終了。ベスティが初優勝飾る
次の記事 DAZNのF1ハンガリーGP配信スケジュールが決定! F2、F3も全セッション配信

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」

狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」

F1 F1
狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」

あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ

雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
メルセデスF1、トモダチ改造計画でW15を“ドライバーの味方”に「改善のためにマシンをいじめ抜く」

メルセデスF1、トモダチ改造計画でW15を“ドライバーの味方”に「改善のためにマシンをいじめ抜く」

F1 F1
カナダGP
メルセデスF1、トモダチ改造計画でW15を“ドライバーの味方”に「改善のためにマシンをいじめ抜く」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本