F3ザントフールト:レース3はランキング首位のハウガーが完勝。岩佐は序盤でつまずき11位フィニッシュ

FIA F3のザントフールト・レース3が行なわれ、デニス・ハウガー(プレマ)が優勝。岩佐歩夢(ハイテック)は、レース序盤で後退し11位でレースを終えた。

F3ザントフールト:レース3はランキング首位のハウガーが完勝。岩佐は序盤でつまずき11位フィニッシュ

 FIA F3の第6ラウンド、ザントフールト戦を締めくくるレース3が行なわれ、デニス・ハウガー(プレマ)が優勝。岩佐歩夢(ハイテック)はレース序盤で後退し11位でレースを終えた。

 レース3は、金曜日に行なわれた予選順位通りのグリッド順でスタートする。ポールポジションは、ランキング首位のデニス・ハウガー(プレマ)。フロントロウ2番手にはデビッド・シューマッハー(トライデント)が並んだ。3番手にはレース2でFIA F3初優勝を遂げたヴィクトー・マルタンス(MPモータースポーツ)がつけた。レース1で3位表彰台、レース2ではリタイヤに終わった岩佐は、9番手からレース3を迎えた。

 気温17.7度、路面温度は19.5度と少し涼しい天候の下、24周のレース3がスタートした。

 ポールのハウガーがホールショットを決めた一方、後方岩佐はターン3で他車と接触して姿勢を乱したカイオ・コレ(MPモータースポーツ)のリヤにフロントウイングをヒット。ウイング自体に大きなダメージは見られなかったが、これで12番手まで順位を落とすことになった。

 レース序盤から2番手シューマッハーをDRS圏外まで振り切ったハウガーは、徐々にリードを広げていった。

 ペースの上がらないシューマッハーと3番手マルタンスによるテール・トゥ・ノーズの接近戦が勃発。抜きあぐねるマルタンスの後方には、クレメント・ノバラク(トライデント)、アレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)、ジャック・ドゥーハン(トライデント)らが連なり、3番手争いの隊列が出来上がった。

 22周目には、痺れを切らしたマルタンスがターン3でインを差すと、シューマッハーの左リヤに接触。シューマッハーは押し出される形でウォールに刺さった。

 シューマッハーはここでマシンを止め、バーチャルセーフティカーが宣言された。接触の原因を作ったマルタンスには10秒のタイムペナルティが科された。無理をした代償が高くつくことになった。

 バーチャルセーフティカーは、ファイナルラップで解除。ハウガーが悠々とトップでチェッカーフラッグを受けた。ファステストラップも加算し計27ポイントを獲得。ランキングでハウガーを追いかける2番手のドゥーハンとの差をさらに広げた。レッドブル・ジュニアのハウガーは、これで今シーズン4勝目と、タイトル獲得に王手をかけた。

 2位にノバラク、3位にはスモリャル。タイムペナルティを受けたマルタンスは10位となった。

 レース序盤で躓いた岩佐は、11位。接触の影響かレース中はペースが上がらず、前方を走るアーサー・ルクレール(プレマ)からも大きく離されていた。チームメイトのジャック・クロフォードもレース中に順位を落としており、チームとしてのペース不足が露呈することになった。

 FIA F3は、9月24日から26日にかけて行なわれる次戦ロシア・ソチが最終戦。このままハウガーがタイトルを手にするのか、それとも残りの3レースで2番手ドゥーハン以下が巻き返すのか。そして何より岩佐の活躍に期待が高まるばかりだ。

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Norway デニス ハウガー Italy プレマ 24 -      
2 United Kingdom クレメント ノバラク Italy トライデント 24 5.300 5.300 5.300  
3 Russian Federation アレクサンダー スモリャル France ARTグランプリ 24 6.900 6.900 1.600  
 

Read Also:

 

シェア
コメント
F3ザントフールト:レース2はマルタンス初優勝。岩佐&ポイントリーダーのハウガーはリタイア
前の記事

F3ザントフールト:レース2はマルタンス初優勝。岩佐&ポイントリーダーのハウガーはリタイア

次の記事

F3ソチ予選:ノバラク最速タイムも抹消、逆転チャンピオン目指すドゥーハンPP。岩佐歩夢は18番手

F3ソチ予選:ノバラク最速タイムも抹消、逆転チャンピオン目指すドゥーハンPP。岩佐歩夢は18番手
コメントを読み込む