レースレポート
FIA F3 Barcelona

レッドブルF1育成リンドブラッド、シリーズ設立100戦目で優勝|FIA F3バルセロナ フィーチャーレース

FIA F3第5戦バルセロナのフィーチャーレースが行なわれ、アービッド・リンブラッド(プレマ)が優勝した。

Arvid Lindblad, Prema Racing, 1st position

Arvid Lindblad, Prema Racing, 1st position

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

 カタルニア・サーキットを舞台に開催されたFIA F3第5戦バルセロナ。6月23日(日)のフィーチャーレースでは、アービッド・リンブラッド(プレマ)が優勝した。

 前日に行なわれたスプリントレースとは異なり、フィーチャーレースは予選順位通りグリッド順でスタートする25周でのレース。前身GP3から代わって2019年に始まったFIA F3選手権としては、今回が100レース目となった。

 記念すべきレースのホールショットを奪ったのはポールスタートのクリスチャン・マンセル(ARTグランプリ)。2番手にリンブラッド、3番手にニコラ・ツォロフ(ARTグランプリ)とレッドブルとアルピーヌの育成ドライバーふたりがマンセルの後ろにつけた。

 序盤はそこかしこで激しいポジション争いが展開され、首位マンセルと2番手リンブラッドも接近。そのリンブラッドは5周目のターン1でアウト側からマンセルを交わし、首位に立った。

 リンブラッドを追いかけたいマンセルだったが、ペースは上がらず。今度はツォロフに代わって3番手に浮上したウイリアムズ育成のルーク・ブラウニング(ハイテック)以下に迫られる格好となった。

 その結果、20周を経過したところでリンドブラッドのリードは4秒以上に。ブラウニングもツォロフ以下の追撃を振り切るので精一杯か、マンセルから徐々に離されていき、ツォロフが4番手からポジションを下げていった後も、レオナルド・フォルナローリ(トライデント)からのプレッシャーに晒された。

 ブラウニングは表彰台を守ろうと必至の抵抗を見せるも、ファイナルラップのターン2で陥落。フォルナローリに3番手を奪われた。

 レース終盤にかけては雨粒がサーキットに落ちてきたが、リンドブラッドは5周目にリードを奪って以降首位を独走し、FIA F3の100レース目を制した。リンドブラッドはイギリス出身の16歳だ。

 2位にはマンセル。フォルナローリは最終的にマンセルに1.1秒まで迫ったものの3位フィニッシュとなった。ただ、このリザルトでフォルナローリはチャンピオンシップリーダーに躍り出た。

 

前の記事 ボーヤ、トップ2同士討ちの荒れた母国戦優勝。マクラーレンとレッドブルのF1育成退ける|FIA F3バルセロナ スプリントレース
次の記事 ウイリアムズF1育成のブラウニングが初ポールポジション獲得|FIA F3レッドブルリンク予選

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本