FIA F3 Spielberg

ウイリアムズF1育成のブラウニングが初ポールポジション獲得|FIA F3レッドブルリンク予選

FIA F3第6戦シュピールベルグの予選が行なわれ、ルーク・ブラウニング(ハイテック)がポールポジションを獲得した。

Luke Browning, Hitech Grand Prix

Luke Browning, Hitech Grand Prix

写真:: Formula Motorsport Ltd

 オーストリアのレッドブルリンクを舞台に開催されているFIA F3第6戦シュピールベルグ。予選セッションではルーク・ブラウニング(ハイテック)がポールポジションを獲得した。

 F3の予選は30分間の計時形式。序盤はアルピーヌ育成のガブリエレ・ミニ(プレマ)とノエル・レオン(VAR)がタイムシートのトップを争う形に。コース上でアタックを続け、トップタイムを更新しあった。

 多くのドライバーがタイヤを履き替えて臨んだセッション終盤。ウォーミングアップラップの段階で雨が降り始めたという声がちらほらと聞こえてきたが、本降りとなる前に各車はアタックを実施してタイムを改善していった。

 その中でトップに立ったのは1分20秒222記録したウイリアムズ育成のブラウニング。各車がスリップストリームを得ようと隊列内でポジション争いを繰り広げる中、先頭で最速タイムを叩き出した。

 最後までこのタイムを破るドライバーは現れず、ブラウニングがF3で自身初のポールポジションを獲得した。

 2番手には0.084秒差でレッドブル育成のアービッド・リンブラッド(プレマ)がつけ、ブラウニングとリンドブラッドのふたりが日曜日のフィーチャーレースを最前列からスタートする。

 3番手のティム・トラムニッツ(MPモータースポーツ)もレッドブル育成、ミニは最終的に4番手だった。

 土曜日のスプリントレースは上位12名がリバースグリットとなるため、予選12番手のマルティニウス・ステンショーン(ハイテック)がポールからスタートする。

 

前の記事 レッドブルF1育成リンドブラッド、シリーズ設立100戦目で優勝|FIA F3バルセロナ フィーチャーレース
次の記事 全車がほぼ1列の大接戦を、アルピーヌ育成ツォロフが制す。スプリントレース2勝目|FIA F3シュピールベルグ スプリントレース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本