レースレポート
FIA F3 Silverstone

荒れたレースも何のその。レッドブル育成リンブラッドが優勝|FIA F3シルバーストン スプリントレース

FIA F3シルバーストンのスプリントレースが行なわれ、アービッド・リンブラッド(プレマ)が優勝した。

Arvid Lindblad, Prema Racing

Arvid Lindblad, Prema Racing

写真:: Red Bull Content Pool

 イギリス・シルバーストン・サーキットを舞台に開催されているFIA F3第7戦。7月6日(土)のスプリントレースではアービッド・リンブラッド(プレマ)が優勝した。

 F3のスプリントレースは本来、現地6日9時20分から開始される予定だったものの、大雨の影響により延期に。F1の予選などが終わった現地18時10分からの開始となった。この頃には雨雲も去り、青空の下18周のレースが行なわれた。

 スプリントレースは予選トップ10がリバースグリッドとなるため、予選10番手のノエル・レオン(VAR)がポールスタート。レッドブル育成のリンブラッドがフロントロウに並んだ。

 3番手スタートのマティアス・ザガゼッタ(イェンツァー)を含んだ3ワイドでのホールショット争いを制したのはリンブラッド。激しいポジション争いが繰り広げられた2番手以下を引き離していった。

 ただ後方のドライバーで接触が相次ぎ、デブリがコース上に落ちていたことから3周目にバーチャル・セーフティカー(VSC)が提示された。

 4周目にレース再開となるも、すぐさまセーフティカー出動に。オリバー・ゲーテ(MPモータースポーツ)とマックス・エスターソン(イェンツァー)がターン9(コプス)で高速クラッシュを喫したのだ。幸い、ふたりに大きな怪我はなさそうだ。

 8周目からレース再開されが、その後もバトル中の接触が続発。ドライバーズランキング首位で予選でもポールポジションを獲得していたルーク・ブラウニング(ハイテック)が、ティム・トラムニッツ(MPモータースポーツ)の接触を受けて緊急ピットインを余儀なくされた。

 また、クラッシュによりマシンをコース脇に止めたドライバーが出たことで、13周目にはこのレース2回目のVSCが提示された。

 VSCは14周目に解除され、リンブラッドを先頭にレーシングスピードへと戻っていった。レースを通して荒れた展開となったものの、リンブラッドはスタートから一度も首位を譲ることなく、母国でトップチェッカー。ファステストラップの1ポイント付きで今季3勝目を挙げ、タイトル争いでも首位ブラウニングに接近した。

 リンブラッドから6.5秒遅れてレオンが2位、ザガゼッタが3位表彰台を獲得した。

 

前の記事 FIA F3シルバーストン、スプリントレースは大雨により延期に。レコノサンスラップでコースオフ続出
次の記事 レッドブルF1育成リンブラッド、”ダブル優勝”達成。大波乱のレース制して今季4勝目|FIA F3シルバーストン フィーチャーレース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本