F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
00 時間
:
24
:
51
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days

FIA F3ソチ:レース1で2位獲得のシュバルツマンが王者に。角田裕毅12位

シェア
コメント
FIA F3ソチ:レース1で2位獲得のシュバルツマンが王者に。角田裕毅12位
執筆:
2019/09/28 8:33

FIA F3選手権ソチラウンドのレース1は、プレマのマーカス・アームストロングが優勝。ロバート・シュバルマンが王者に輝いた。

 2019年のFIA F3選手権の最終戦、ソチのレース1が行われ、プレマのマーカス・アームストロングが優勝。2位となったロバート・シュバルツマンが1レースを残してチャンピオン獲得を決めた。

 スタート時刻のコンディションは気温21度、路面温度22度。降水確率80%という予報でサーキット上空には黒い雲も浮かぶが、ドライコンディションで各車がフォーメーションラップに入った。

 そのフォーメーションラップ中から雨粒が落ち始める中、20周のレースがスタート。ポールポジションのシュバルツマンはまずまずの蹴り出しを見せた。しかし、ターン2までの直線区間でうまく加速したアームストロングがトップを奪った。逆転チャンピオンを目指す2番グリッドのユアン・ダルバラ(プレマ)は、6番手まで後退した。

 後続にも大きな混乱はなく、17番手スタートの角田裕毅(イェンツァー)は12番手、19番手スタートの名取鉄平(カーリン)は24番手で1周目を終えた。

 2周目、ターン5でベント・フィシュカーフ(HWA)がスピンし、マシンを止めたためバーチャル・セーフティカー(VSC)が出された。その間にも雨が強くなり、後方ではウエットタイヤへと交換するマシンもあった。

 先頭が4周目に入ったところでレース再開。すると、リャオ・ハン・チュウ(イェンツァー)がターン5でクラッシュを喫し、今度はセーフティカー(SC)が出動することとなった。

 ウエットタイヤを履いていたマシンはギャンブル失敗。SC走行中にスリックタイヤに戻す場面が見られた。

 SCが解除され、7周目からレースが再開。リスタート直前、6番手を走っていたクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)がユーリ・ヴィップス(ハイテックGP)に追突されスピン。20番手まで後退するという波乱の中、ニコ・カリ(トライデント)が好スタート。ターン2までにシュバルツマンを交わして2番手に浮上した。ルンガーに追突したヴィップスには、のちに10秒のタイム加算ペナルティが出された。

 カリはファステストラップを叩き出し、アームストロングに急接近。9周目にアームストロングのテールに張り付くと、カリは90度コーナーの連続する区間でアウト側から見事なオーバーテイク。トップに躍り出てレース前半を終えた。

 アームストロングも負けじと11周目のターン2でカリにオーバーテイクを仕掛けるが、止まりきれずに4番手までポジションを落としてしまった。

 今回代役参戦でF3デビューを飾ったダービッド・シューマッハー(カンポス)が追突されスピンしてしまう場面があったが、SCなどは出動しなかった。

 トップを守っていたカリだが、13周目のメインストレートでDRSを使ったシュバルツマンがトップを奪還。一度はポジションを落としたアームストロングもカリに迫っていくが、同じプレマ勢のダルバラはピリッとせず、6番手に後退。さらに後方からジェイク・ヒューズ(HWA)から攻撃を受ける苦しい展開だ。

 なんとかアームストロングを抑えていたカリだが、17周目に2番手を明け渡してしまった。さらにはレオナルド・プルチーニ(ハイテックGP)にも迫られるが、3番手の座は守った。

 しかし、プルチーニはペナルティを科せられているヴィップスに抜かれ、カリとの差が広がってしまった。

 地元で優勝を飾りたいシュバルツマンだが、ファイナルラップのターン2で見事なブレーキングを見せたアームストロングがオーバーテイク。先頭に躍り出ると、シュバルツマンの逆襲を許さずトップチェッカー。今季3勝目を挙げた。

 優勝は逃したシュバルツマンだが、2位でフィニッシュしたことで今シーズンのチャンピオン獲得。地元ロシアで、FIA F3の初代王者となった。

 3位はカリ。一時はトップを走る速さを見せ、プレマ勢の一角を崩して今季2度目の表彰台を手にした。

 角田は12位でフィニッシュ。スタートで大きく順位を上げたが、そのままポジションを上げていくことはできなかった。名取は20位でフィニッシュしている。

【リザルト】FIA F3選手権 最終戦ソチ:レース1

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 New Zealand Marcus Armstrong Italy プレマ・レーシング 20 -       25
2 Russian Federation Robert Shwartzman Italy プレマ・レーシング 20 1.0 1.0 1.0   18
3 Finland Niko Kari Italy トライデント 20 4.9 4.90 3.90   15
4 Italy Leonardo Pulcini United Kingdom ハイテック・レーシング 20 6.0 6.0 1.10   12
5 India Jehan Daruvala Italy プレマ・レーシング 20 8.3 8.30 2.30   10

 

次の記事
FIA F3ソチ予選:シュバルツマンPP、プレマがトップ3独占。角田17番手、名取19番手

前の記事

FIA F3ソチ予選:シュバルツマンPP、プレマがトップ3独占。角田17番手、名取19番手

次の記事

FIA F3ソチレース2:ヴィップスが今季3勝目。日本勢はポイント獲得ならず

FIA F3ソチレース2:ヴィップスが今季3勝目。日本勢はポイント獲得ならず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
イベント ソチ
執筆者 松本 和己