【GP3】アレジ&ゴクミの息子ジュリアーノ。来季もトライデントでGP3参戦

ジャン・アレジの息子であるジュリアーノ・アレジは、来季もGP3への参戦を継続することを明らかにした。

【GP3】アレジ&ゴクミの息子ジュリアーノ。来季もトライデントでGP3参戦
Giuliano Alesi, Trident
Giuliano Alesi, Trident
Giuliano Alesi, Trident
Jean Alesi watches his son Giuliano Alesi, Trident
Giuliano Alesi, Trident
Giuliano Alesi, Trident
Giuliano Alesi, Trident
Konstantin Tereschenko, Campos Racing & Giuliano Alesi, Trident

 ジャン・アレジと後藤久美子の息子であるジュリアーノ・アレジは、今季からGP3への参戦を開始。スパ・フランコルシャンで1ポイントを獲得したものの、ランキング22位に終わった。まだ若干17歳の彼は、今年の初めのフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員となり、そして来季もトライデントからGP3に参戦し続けることになった。

「僕は来年もトライデントで走り続ける」

 ジュリアーノはそうmotorsport.comに対して語った。

「僕はこのチームに満足している。メカニックも、エンジニアも、そしてチームマネージャーもよく知っているから」

「正直、僕は素晴らしい時を過ごしている。彼らは僕のことを知っているから、どこから始めるべきか、わかっているんだ」

「他のチームに移ってゼロから始めるよりも、同じチームにとどまって、改善する方が良い」

 ジュリアーノは2016年シーズンは学習のための1年だったと説明。その1年の間に改善できた内容について、満足しているという。

「学ぶためのシーズンだった。たくさん学ぶことができて満足しているし、経験やスピードの面でも大きなステップを踏むことができた」

「昨年僕がここに来た時には、僕は2秒〜2秒半遅かった。しかし今、僕は他の人とレースをする時、より近付くことができている。1/5秒〜1/7秒くらい……時には、それより少ない時もある」

 今年も強さを見せたARTグランプリの強さが、来年も変わらない可能性について問われたジュリアーノは、ARTには別に特別なモノは何もないと考えていると語った。

「ARTのクルマには、特別なことは何もない」

 そうジュリアーノは言う。

「彼らは、パドックにいるドライバーのうち最高の4人を揃え、それが役に立っているだけだ」

【関連ニュース】

2016年GP3ドライバーチャンピオンに輝いたルクレール。福住仁嶺は年間7位

DRS、2017年からGP3にも導入。レース活性化と、ドライバー育成が目的

シェア
コメント
【GP3】2016年ドライバーチャンピオンに輝いたルクレール。福住仁嶺は年間7位

前の記事

【GP3】2016年ドライバーチャンピオンに輝いたルクレール。福住仁嶺は年間7位

次の記事

【GP3】公式テスト1日目:福住がトップタイム。2日目は欠場

【GP3】公式テスト1日目:福住がトップタイム。2日目は欠場
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
ドライバー ジュリアーノ アレジ
チーム トライデント
執筆者 David Gruz