F3スパ:レース3はジャック・ドゥーハンが連勝飾る。岩佐歩夢は13位でポイント届かず

F3第5戦スパのレース3が行なわれ、ジャック・ドゥーハン(トライデント)がレース2に続いてポール・トゥ・ウィンを飾った。

F3スパ:レース3はジャック・ドゥーハンが連勝飾る。岩佐歩夢は13位でポイント届かず

 FIA F3第5ラウンド、スパのレース3が行なわれ、ジャック・ドゥーハン(トライデント)がレース2に続いて勝利を飾った。

 週末を通じて雨模様のスパ・フランコルシャン。日曜日の午前中に行なわれたF3のレース3も、ウエットコンディションとなった。

 レース3は予選の結果でグリッドが決まる、F3にとってのメインレース。レース2でも勝ったドゥーハンがポールポジション。岩佐歩夢(ハイテック)は17番手からのスタートとなった。

 セーフティカー先導でフォーメーションラップを重ねた後、ローリングスタートでレース3がスタート。周回数は3周減算され14周となった。

 ドゥーハンはトップをキープするが、2番手ヴィクトール・マルタンス(MPモータースポーツ)もアグレッシブな走りでドゥーハンに迫った。岩佐はアーサー・ルクレール(プレマ)を交わすなど、オープニングラップで3つポジションを上げ14番手につけた。

 水煙の中、各車が積極的な走りを見せ、岩佐は3周目にレース1ウイナーのロレンゾ・コロンボ(カンポス)を交わし13番手に。一方、トップ2は少しずつ隊列から抜け出していった。

 マルタンスとドゥーハンは5周目にサイドバイサイドのバトルを展開。数コーナーに渡った2台のバトルを制し、マルタンスがトップに躍り出た。しかしコース外走行があったため、マルタンスは翌周にポジションを譲った。

 その後もマルタンスはドゥーハンと接近戦を続けたが、コースオフで2秒ほどタイムロスしたこともあって仕留めきれず。ドゥーハンがレース2に続いて連勝を飾った。

 結局、トップ3はグリッド通り。3位はアレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)となった。

 ポイントリーダーのデニス・ハウガー(プレマ)は6ポジションアップの8位となったが、週末3レースで5ポイント獲得と物足りない結果に。対して、この週末で44ポイントを稼いだランキング2番手のドゥーハンは、ハウガーとのポイント差を25ポイントまで詰めた。

 岩佐は7周目にルクレールに抜き返されて以降ペースが上がらず。最終的に13位でのフィニッシュとなり、今季初めてポイントを獲得できなかった週末となった。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Australia ジャック ドゥーハン Italy トライデント 14 -      
2 France Victor Martins Netherlands MPモータースポーツ 14 2.000 2.000 2.000  
3 Russian Federation アレクサンダー スモリャル France ARTグランプリ 14 12.200 12.200 10.200  
シェア
コメント
F3スパ:レース2はドゥーハン優勝、岩佐歩夢は11位。ラディオンでクラッシュ発生、SCフィニッシュ
前の記事

F3スパ:レース2はドゥーハン優勝、岩佐歩夢は11位。ラディオンでクラッシュ発生、SCフィニッシュ

次の記事

F3ザントフールト:予選はランキング首位のハウガーが最速。岩佐歩夢は9番手

F3ザントフールト:予選はランキング首位のハウガーが最速。岩佐歩夢は9番手
コメントを読み込む