レースレポート
FIA F3 Silverstone II

F3シルバーストン2:サージェントが逃げ切り初優勝。ポイントリーダーにも浮上

FIA F3第5戦シルバーストン2のレース1は、プレマのローガン・サージェントが初優勝を挙げた。

Logan Sargeant,  Prema Racing

 FIA F3第5戦が前戦と同じくシルバーストン・サーキットで開催。レース1は、ローガン・サージェント(プレマ)がポール・トゥ・ウィンでFIA F3初勝利を挙げた。

 20周のレースがスタートすると、ポールポジションのサージェントが好スタートでトップをキープ。2番グリッドスタートのリアム・ローソン(ハイテック)とのサイドバイサイドのバトルを制したジェイク・ヒューズ(HWA)が2番手に続いた。

 7番グリッドスタートだったジャック・ドゥーハン(HWA)は接触があったのか、フロントウイングにダメージを負ったことでピットに戻り、大きくポジションを落としてしまった。

 DRSの使用が可能になった3周目までに、サージェントはヒューズに1.5秒ほどのギャップを築き、逃げの態勢。一方、3番手ローソンの後ろにはフレデリック・ベスティ(プレマ)、テオ・プルシェール(ART)、デビッド・ベックマン(トライデント)、ベント・ビスカール(MPモータースポーツ)が続き、接近戦を繰り広げた。

 トップのサージェントが後続との差を2.5秒前後にコントロールし周回を重ねた一方、ベスティはレース後半に入ってファステストラップを連発し、ローソンへとプレッシャーをかけていった。

 ローソンも懸命にペースを上げ、残り5周のところで2番手ヒューズのDRS圏内に。今度はローソンがヒューズにオーバーテイクを仕掛けていった。

 2番手争いが三つ巴となったことで、首位のサージェントは全く危なげなくトップチェッカー。FIA F3での初勝利を挙げた。

 熾烈な2位争いは結局ヒューズが守りきった。ローソンは3位で、ファステストラップのボーナス2ポイントを獲得した。

 開幕戦からポイントリーダーを守っていたオスカー・ピアストリ(プレマ)は、11番グリッドから7位まで浮上。しかし今回の勝利でサージェントが逆転し、ランキング首位に躍り出ている。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 United States ローガン サージェント Italy プレマ 20         25
2 United Kingdom ジェイク ヒューズ Germany HWA 20 1.500       18
3 New Zealand リアム ローソン United Kingdom ハイテック 20 2.000       15

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F3シルバーストン:レース2はルーキーのスモリャルがポールから初優勝
次の記事 F3シルバーストン2:最終ラップの激闘制したビスカールが優勝

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本