レースレポート
FIA F3 Hungaroring

ミニが見事なレース運びでレース1優勝。最後のコーナーでオーバーテイク決めたボルトレトが2位|F3ハンガロリンク

F3第8戦ハンガロリンクのレース1は、ガブリエレ・ミニ(ハイテック)が優勝した。

Gabriele Mini, Hitech Pulse-Eight

 FIA F3選手権第8戦のレース1が、ハンガリーのハンガロリンクで行なわれ、ガブリエレ・ミニ(ハイテック)が優勝を飾った。

 予選はダンプコンディションの中スリックタイヤでアタックするという難しい戦いとなったが、レース1は快晴が広がり、現地時間9時50分のスタートで気温21度ながら、路面温度は35度から上昇していくというコンディションとなった。

 予選12番手となり、リバースグリッドでレース1のポールシッターとなったのはミニ。2番手にはニキータ・ベドリン(イェンツァー)が並んだ。ポイントリーダーのガブリエル・ボルトレト(トライデント)は4番手からのスタートとなった。

 19周のレースがスタートすると、上手く加速しホールショットを奪ったのはベドリン。後方ではスピンや接触もあったものの大きな混乱はなく、ベドリンがそのままレースを引っ張っていった。

 オーバーテイクが難しいハンガロリンクだが、ボルトレトは5周目のターン1でインに飛び込み、クリスチャン・マンセル(カンポス)をオーバーテイク。3番手に浮上した。

 2番手ミニもベドリンのテールに張り付いてプレッシャーをかけると、8周目のターン1でオーバーテイクを完了。首位を奪還した。

 トップ3は他のマシンよりも1秒以上速いペースで周回を重ねたが、中でもミニは抜群のペース。しばらくはベドリンもDRS圏内に踏みとどまったが、一旦1秒以上の差が開くと、その後は徐々にミニがリードを広げていく流れとなった。

 しかしセバスチャン・モントーヤ(ハイテック)がコース内に止まってしまったことで、セーフティカー(SC)が出動。ラスト3周でレースが再開された。

 リスタート直後のターン1でスピンがあり、バーチャルセーフティカーが一時出されたものの、すぐにレース再開。ミニが一気に2秒ほどのリードを築く中、ベドリンはボルトレトに接近を許してしまった。

 ミニは4.2秒のリードでトップチェッカー。2位争いは、ファイナルラップの最終コーナーでアウト側から豪快なオーバーテイクを決めたボルトレトに軍配が上がった。ベドリンは粘った末にオーバーテイクを許したものの、F3での初表彰台を獲得した。

 

前の記事 F3シルバーストン|最終盤に雨襲来もなんのその。ゲーテがフィーチャーレース優勝でトライデントが1-2達成
次の記事 オサリバンが逃げ切ってレース2をポール・トゥ・ウィン。ベガノビッチ2位でプレマワンツー|F3ハンガロリンク

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本