F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
11 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

“日の丸”背負いF1目指す! イゴール・フラガがレッドブル育成ドライバーに

シェア
コメント
“日の丸”背負いF1目指す! イゴール・フラガがレッドブル育成ドライバーに
2020/03/17 3:32

日系ブラジル人ドライバーのイゴール・フラガが、レッドブルの育成ドライバーとなったことが発表された。

 レッドブルは、日系ブラジル人ドライバーのイゴール・フラガと育成ドライバー契約を結んだことを発表した。

 レーシングゲーム『グランツーリスモ』の世界大会や、マクラーレンが展開する『マクラーレン・シャドウプロジェクト』で優勝するなど、eスポーツの世界で数々の実績を残してきたフラガは、2019年にフォーミュラ・リージョナル欧州選手権に参戦すると、4勝を挙げランキング3位となった。

 そして2020年1月からニュージーランドで行なわれたトヨタ・レーシングシリーズでは、前年王者のリアム・ローソン、角田裕毅といったレッドブル育成ドライバーたちを抑え、見事チャンピオンに輝いた。

 そんな活躍が認められ、チャロウズからの2020年FIA F3参戦が決まったばかりのフラガだが、この度レッドブル・ジュニアチームの一員となることが発表され、F1挑戦へ向けレッドブルのサポートを受けることとなった。

 フラガはチャロウズが発表したプレスリリースの中で、次のようにコメントした。

「レッドブル・ジュニアプログラムに参加することは、僕のキャリアにとって非常に重要なことだ」

「僕は小さい頃から、F1のワールドチャンピオンになることを夢見てきた。それを成し遂げることがいかに大変であるかは、これまでのキャリアを通して、身をもって感じている。でも僕は決して諦めることなく挑戦し続けた」

「僕の転機となったのは、eスポーツでレースをしたこと、そしてFIA グランツーリスモ ネイションズカップで優勝したことだ」

「それ以来、僕には真のチャンスがあると感じた。そして今はレッドブルジュニアになって、夢に向かって前進し続けるモチベーションが一層高まっている」

 また、チャロウズのチームオーナーであるアントニン・チャロウズもコメントを寄せ、フラガを称賛した。

「イゴールがレッドブル・ジュニアプログラムの一員となったことに興奮している。これはドライバーキャリアにおいて大きな意味を持つものであり、彼はそれに値する人間だ」

「彼には特別な才能がある。そんな彼を我々のF3チームのドライバーラインアップに入れられることを嬉しく思う。レッドブルの育成プログラムは、成功したドライバーを多数生み出しており、イゴールがそれに続くことを願っている」

 金沢で生まれ、幼少期を日本で過ごしたフラガ。日本語も堪能な彼のマシンとレーシングスーツには、ブラジルと日本、ふたつの国旗があしらわれている。今季のFIA F3は日本人ドライバー不在のシーズンとなるが、“日の丸”を背負って戦うフラガにも注目だ。

 

Read Also:

DAZNのF1開幕戦オーストラリアGP配信スケジュール決定。2ヵ月無料キャンペーンも実施中

前の記事

DAZNのF1開幕戦オーストラリアGP配信スケジュール決定。2ヵ月無料キャンペーンも実施中

次の記事

eスポーツ王者から“リアル”の頂点へ。“日の丸戦士”フラガ「F1日本GPに出たい」

eスポーツ王者から“リアル”の頂点へ。“日の丸戦士”フラガ「F1日本GPに出たい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
ドライバー イゴール フラガ
チーム チャロウズ