F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
00 時間
:
33
:
51
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
29 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
16 days

若者よF1へと羽ばたけ! ウェーバー、同郷の次世代スター候補の指導者に

シェア
コメント
若者よF1へと羽ばたけ! ウェーバー、同郷の次世代スター候補の指導者に
執筆:
2020/03/06 10:00

元F1ドライバーのマーク・ウェーバーは、ルノー育成ドライバーのオスカー・ピアストリをマネジメントするジャム・スポーツ・マネジメントと契約し、彼の“メンター”となる。

 現役時代は主にレッドブルで活躍し、F1通算9勝という実績を持つマーク・ウェーバー。オーストラリア出身の彼は今年、FIA F3に参戦する同郷の若手ドライバー、オスカー・ピアストリの“メンター”として、様々なサポートをして行くようだ。

 オーストラリア人ドライバーの次世代スター候補と目されている18歳のピアストリは、昨年のフォーミュラルノー・ユーロカップでチャンピオンを獲得した。同カテゴリーは、ランド・ノリス(マクラーレン)やピエール・ガスリー(アルファタウリ)らが歴代チャンピオンに名を連ねる、F1への登竜門のひとつだ。

 この活躍が認められたピアストリはルノー・スポール・アカデミーの一員となり、今季はFIA F3へ強豪チームのプレマからステップアップする。

 ウェーバーは、そんなピアストリがルノーのドライバー育成プログラムの中で一定の地位を築き、ダニエル・リカルド(ルノー)以来のオーストラリア人ドライバーとしてF1にデビューするために指導していくという、重要な役割を担うことになる。また、彼の妻であるアンも、商業面でのマネジメントを行なうという。

 ピアストリをマネジメントするジャム・スポーツ・マネジメントと契約を結び、正式な指導者となったウェーバーは、次のように語った。

「オスカーは非常に印象的な若者だ。彼が学習を続ける姿は見ていてワクワクするよ。彼が示した献身と自制心のレベルは目を見張るものがある」

「しかし、彼はヘルメットを被るとキャラクターが豹変し、目を血走らせるんだ。これは非常に印象的だ」

「オスカーが昨年フォーミュラ・ルノーで、どのように選手権をコントロールし、僅差のタイトル争いを制したか……それも素晴らしいものだった」

「オスカーは現在、ルノーと共に素晴らしいポジションにある。彼ら(ルノー)はオスカーを“賭ける価値のある馬”だと信頼して投資していて、目を光らせているんだ。それは彼とオーストラリアのモータースポーツにおいてエキサイティングなことだ」

「彼はF1という極めて厳しいカテゴリーに挑戦しようとしているし、彼もそれは自覚している。ただ、ルノーと僕たちはオスカーが信じられないほど自信に満ちた青年であることを知っている」

 昨シーズン圧倒的な強さを見せたプレマからFIA F3デビューを果たすピアストリ。彼は次のように意気込みを語った。

「マークとアンと共にシーズンを始められることにワクワクしている。オーストラリアにいる誰もが、マーク・ウェーバーという名前を知っているし、僕にとっても彼はビッグネームだ」

「マークはF1や(WECの)LMP1など、様々なカテゴリーで長年活躍していて、多くの経験がある。だから僕が何か間違いを犯した時も、彼は必ず正しい方向に導いてくれると思っている」

「僕のレースへの取り組み方は変わらない。目標も変わらない。変わったことと言えば、僕の側に素晴らしい人がついてくれたということだ」

 若手ドライバーが、こういったメンターに指導を乞うことは珍しいケースではない。昨年プレマでFIA F3のチャンピオンとなり、今季FIA F2へとステップアップしたロバート・シュバルツマンも、同郷であるロシア人の元F1ドライバー、ヴィタリー・ペトロフから精神的なケアを受けている。

 

Read Also:

次の記事
ラルフの息子、ダービット・シューマッハーがチャロウズからFIA F3参戦

前の記事

ラルフの息子、ダービット・シューマッハーがチャロウズからFIA F3参戦

次の記事

DAZNのF1開幕戦オーストラリアGP配信スケジュール決定。2ヵ月無料キャンペーンも実施中

DAZNのF1開幕戦オーストラリアGP配信スケジュール決定。2ヵ月無料キャンペーンも実施中
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F3
執筆者 Rachit Thukral