ついにワークス参戦のアウディ「フォーミュラEはWECとは全く異なる」

アウディのモータースポーツ部門代表は、FEのマニュファクチャラーはF1やWECの参加チームとは全く異なる行動をとっていると語った。

 先月上旬に開幕したフォーミュラEシーズン4において、アウディはワークス体制での参戦を開始した。なおこれまでは、ワークス体制での参戦を見据えてアプトと提携してシリーズに参戦していた。

 アウディは、フォーミュラEでの活動に力を注ぐため2016年限りでWEC(世界耐久選手権)のLMP1クラスから撤退。今シーズンからワークス体制でフォーミュラEに挑んでいる。

 現在のフォーミュラEにはアウディをはじめとして複数のマニュファクチャラーが参戦しており、今後も日産、BMW、メルセデス、ポルシェなどが参戦する予定だ。

 アウディのモータースポーツ部門の代表であるディーター・ガスはmotorsport.comに対し、フォーミュラEにはマニュファクチャラー間の非常に強力な結束があると語った。

「ある意味、3つのチャンピオンシップは全く異なるものだ」

「F1では、チャンピオンシップがなくなってしまうかもしれないという問題を抱えることはなかった。もちろん、おそらくの話ではあるが」

「F1はそれほどマニュファクチャラーに依存していない。チームにとってはこれが彼らのビジネスであり、彼らは常にそこに留まることを望んでいる」

「WECはF1以上に難しい。というのも、様々なコンセプトが許されており、マニュファクチャラーはアドバンテージを得るためにルールを理解しようとしてきたからだ」

「参加するチームも非常に少なく、それについては厳しい議論もあった」

「フォーミュラEはまだ若いカテゴリーであり、成長過程にある。初期の頃から関わっている人々もシリーズのことを気にかけている。彼らはよく気が回り、シリーズの面倒をみる必要があるということもわかっている」

「これが正しいアプローチだ。我々がこの方法を継続できることを願っている」

 またアウディのフォーミュラEチームの代表を務めるアラン・マクニッシュは、より優れたマニュファクチャラーの参加や個々の関心によって、グループが決断を下す際には、徐々により難しい状況になってしまうと述べた。

「我々は皆の利益を求めて全員の希望を適切な方向性の中に盛り込んできた。ひとつのマニュファクチャラーのためだけではない」

「これまで議論は適度にオープンだった。しかし易しい道のりだとは考えていない」

 さらにガスは、議論における”常識”というのは現時点では申し分ないものだが、より多くのマニュファクチャラーが参入してくることを考えても、フォーミュラEは今後起こりうる変化を受け入れなければならないと説明した。

「参加するマニュファクチャラーの増加に伴い、各チーム間の競争力の差が大きくなることを私は恐れている」

「これについては現実的にならないといけない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
チーム アウディ・スポーツABT
記事タイプ 速報ニュース