シンガポールePrix主催者。シーズン3開催に意欲

シンガポールePrixプロモーター。「フォーミュラEを開催できれば、環境都市であることをアピールできる」と意欲を見せた

 フォーミュラEシーズン3暫定カレンダーが発表されたが、開幕戦の香港ePrixはF1日本GPと同じ10月9日開催。香港は日本から近いから観戦に出かけたいファンもいるだろうが、日本でF1が行われるとなるとどちらを選んでいいか悩むところだろう。しかし、暫く待てばフォーミュラEはもう一度アジアにやってくる。2017年4月22日のシンガポール。シンガポールといえばF1グランプリが開催されており、それも市街地コースということでフォーミュラEを受け入れるのは簡単かもしれない。

 ベルリンePrixの会場にシンガポールGPの主催者であるコリン・シン(Colin Syn)氏が来場しており、シンガポールePrixの開催に意欲を見せていた。

「まだ暫定カレンダーなので最終決定ではないが、開催出来るように努力している。フォーミュラEが行われればシンガポールが環境都市であるということをアピール出来る。開催のノウハウはF1グランプリで十分に経験を積んでいるので、問題なくできると思う」と、シン氏。

「コースはF1で使っているコースの一部を使う事になると思うが、まだ具体的な動きはこれからだ。まず、開催が正式決定してくれないとね」

 香港とシンガポールがシーズンに加わることで、北京(中国)とプトラジャヤ(マレーシア)のレースがカレンダーから消えるが、日本ではまだ開催されていない。シーズン4には開催が叶えばいいが。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース