スイス、約60年ぶりモータースポーツ開催解禁。チューリッヒFEが決定

フォーミュラEは、来季よりジュネーブでレースを行うこと発表した。スイスでは約60年ぶりのレース開催となる。

 長らくモータースポーツのレース開催が禁止されてきたスイスで、第4シーズン(2017/18年)よりフォーミュラEが開催されることが決定した。

 スイスでモータースポーツが禁止された理由については、1955年のル・マン24時間レースまで遡る。この年はレース中にクラッシュしたマシンが宙を舞い、観客席に落下。そのマシンが炎上するなどして、多数の観客が亡くなった。また1955年はF1王者アルベルト・アスカリがテスト中に事故死するなど、モータースポーツによる死亡事故が相次いだ頃でもあった。そのためヨーロッパではモータースポーツを危険視する意見が増え、スイスではモータースポーツの開催が禁止されることになった。しかし2015年にはそれも緩和され、この度フォーミュラEの開催が決まった。

 昨年、チューリッヒでフォーミュラEのマシンを使用したデモランも行われたが、レースは当初ルガーノという都市で行われることになっていた。

 しかし開催地の最有力候補としてチューリッヒが浮上し、FIA世界モータースポーツ評議会は開催地と共に6月10日にレースを行うことを決定した。

 スイスでサーキットレースが行われるのは、1954年にブレームガルテンで行われたF1スイスGP以来のことである。

 FIAの会長であるジャン・トッドは、以下のように述べた。

「1955年にレースが禁止されて以来、開催のなかった国で再びレースを開催できるというのはエキサイティングなことであり、FIAにとっても重要な目標を達成できたと言えよう」

「我々にとって、世界中の新しい観客にモータースポーツを届けることが重要なのであり、レース開催を実現させた人々を含め全員を祝福したい」

「サンティアゴ、サンパウロ、ローマという新しいレースも加わり、とても力強いシーズンを送れるだろうと信じている」

 フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグも、スイスでのレースが再開されることに興奮しており、シリーズパートナーであるジュリアス・ベア(スイスのプライベート銀行)の存在はレース開催に関して”助けになった”と話した。

「電気革命と環境に優しいモビリティを推進するという、フォーミュラEの中心となる原理がなければ、これを実現するのは不可能だっただろう」

「ジュリアス・ベアのCEOであるボリス・コラルディや彼のチームに感謝したい。我々は再び、モータースポーツの世界で新天地を開拓できたのだ」

 このほか世界モータースポーツ評議会は、5月19日のベルリンePrixも承認した。また来年のF1イギリスGPとの日程衝突を避けるため、ニューヨークでのレースを6月14、15日に開催することを決定した。

【関連ニュース】

第4シーズン(2017/18年)フォーミュラE カレンダー

Venue

Date

 香港*

12/2, 3

 マラケシュ

1/13

 サンティアゴ

2/3

 メキシコシティ

3/3

 サンパウロ

3/17

 ローマ

4/14 

 パリ

4/28

 ベルリン

5/19

 チューリッヒ

6/10

 ニューヨーク*

7/14, 15

 モントリオール*

7/28, 29

*ダブルヘッダー

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース