F1
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
R
第13戦ベルギーGP
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
7 days
MotoGP
09 8月
-
11 8月
イベントは終了しました
R
第12戦イギリスGP
23 8月
-
25 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
R
第5戦:富士
03 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
R
第6戦:オートポリス
07 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
16 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
37 days

ディ・グラッシ「僕らのチームに”チームオーダー”はない」

シェア
コメント
ディ・グラッシ「僕らのチームに”チームオーダー”はない」
執筆:
2016/05/25 12:36

ルーカス・ディ・グラッシは、ベルリンePrixの際にダニエル・アプトとの間に”チームオーダー”は発令されていなかったと証言する。

Daniel Abt, ABT Schaeffler Audi Sport
Podium: race winner Sébastien Buemi, Renault e.Dams, second place Daniel Abt, ABT Schaeffler Audi Sport, third place Lucas di Grassi, ABT Schaeffler Audi Sport
Second place Daniel Abt, ABT Schaeffler Audi Sport and third place Lucas di Grassi, ABT Schaeffler Audi Sport celebrate on the podium
Lucas di Grassi, ABT Schaeffler Audi Sport
Daniel Abt, ABT Schaeffler Audi Sport
Lucas di Grassi, ABT Schaeffler Audi Sport
Daniel Abt, ABT Schaeffler Audi Sport
Lucas di Grassi, ABT Schaeffler Audi Sport

 アプト・シェフラー・アウディ・スポートは、先日行われたベルリンePrixにおいて、長いセーフティカーラン中に2番手を走行していたダニエル・アプトに対して、ディ・グラッシにポジションを譲るよう指示を飛ばしていた。

 残り2周というところでレースが再開されると、アプトはディ・グラッシに対して、自分を抜くように指示を出した。しかし、ディ・グラッシがアプトを抜くことはなく、最終ラップに入ってしまう。アプトは最終ラップでポジションを譲るのはリスクが大きいと判断し、そのままフィニッシュラインまで走りきった。

「レース中には、誰も僕に対して(チームオーダーについて)話をしてこなかった」と、レース後にディ・グラッシは語っている。

「ふたりの間で約束した唯一のことは、他のドライバーに対するように、ハードに戦うということはしないということ。だって、僕らはチームメイトだからね」

「特にこのような特殊な状況下において、ポジションを譲るというようなことは議論したことはないよ。ダニエルは2位に値する走りをしたんだ」

 ディ・グラッシはしかしながら、もしロイック・デュバルのクラッシュしたマシンを排除するためのセーフティカーが出動しなかった場合は、アプトを捉えることができたと信じている。

「もしセーフティカーが出ずに彼に追いついていた場合は、僕は彼に対して普通に攻めていただろう。僕の方がエネルギーを多く持っていたからね」とディ・グラッシ。

「最後の2周については、僕らは同等だった。彼はミスをしなかった。僕は3ポイント多く獲得できていたかもしれないけど、それはレースによって得るべきだし、僕らは共に同じようにレースをするべきだと思う」

「ダニエルがマシンを右に寄せて僕にポジションを譲っていたとしても、僕は心から満足することはできなかっただろう」とディ・グラッシは付け加えた。

 ディ・グラッシはランキングトップでバターシーパークで行われるロンドンePrixの最終2レースに臨むが、現在2位のセバスチャン・ブエミに対しては、わずか1ポイントのリードである。

「チームの命令は必要ない」とアプト

 2位に入り、フォーミュラEキャリアで最高の成績を残したアプトは、チームの指示がなくとも、ディ・グラッシにポイションを譲る必要性を認識していたという。

「僕らはチャンピオンシップの状況を認識している。僕らはチームであり、ふたりはチームがチャンピオンを獲るために戦う」とアプトは語る。

「僕はドライバーズタイトルを争う立場にはいないけど、彼の手助けをする必要があることは明らかだ。だから、指令は必要なかった」

「僕らはレース前にこれについて話をした。『ルーカスがやってきたら、注意するように』と言っていたんだ。それだけだよ」とアプトは言う。

 命令がなかったにもかかわらず、アプトは順位を入れ替えることを画策しちゃ。しかし、ディ・グラッシは、その操作ができる位置にはいなかった。

「僕の立場で言えば、彼を行かせるのは問題なかった」とアプトは語る。

「実際にそれを実行しようとしたんだけど、うまくいかなかった」

「最終ラップでそれをするのは、怖かったんだ。僕らの片方、もしくは両方がポジションを失ってしまうことを想像できるかい? しかも最終ラップ、その上僕にとってはホームレースだったんだよ?」

次の記事
フォーミュラE最終戦ロンドンePrix開催、司法が正式承認

前の記事

フォーミュラE最終戦ロンドンePrix開催、司法が正式承認

次の記事

童夢、フォーミュラE第5期からの新規シャシーの入札に参加の方針

童夢、フォーミュラE第5期からの新規シャシーの入札に参加の方針
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント ベルリンePrix
ドライバー ダニエル アプト , ルーカス ディ・グラッシ
チーム アウディ・スポーツABT
執筆者 Sam Smith