ド派手な決着! ベルニュ、スピンしながらPP獲得。可夢偉13位

フォーミュラEの第4シーズン開幕戦、香港ePrixレース1の予選が行われ、テチータのジャン-エリック・ベルニュがポールポジションを獲得した。

 フォーミュラEの第4シーズン開幕戦、香港ePrixレース1の予選が行われ、テチータのジャン-エリック・ベルニュがポールポジションを獲得した。

 ベルニュは3番手でスーパーポールセッション進出を果たすと、好アタックを披露する。しかし、コントロールラインでスピン! そのまま1分3秒568を記録した。このタイムをサム・バード(DSヴァージン)やニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)らはミスもあって上回ることができず、ベルニュはシーズン2以来のポールポジションを獲得した。

 予選後ベルニュはスピンしたことについて「わざとじゃないよ」とおどけてみせた。

 MS&AD アンドレッティからスポット参戦し、フォーミュラEデビューレースに挑んでいる小林可夢偉は13位。こちらもフォーミュラEデビュー戦となるアンドレ・ロッテラー(テチータ)は12位。今年のスーパーフォーミュラでも活躍したフェリックス・ローゼンクビスト(マヒンドラ)はスーパーポールセッション進出を果たしたものの、5位に終わった。

 またシーズン3王者のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポート・アプト・シェフラー)は予選6位となった・

 なお予選グループ4ではルノー・e.ダムスのニコラス・プロストがクラッシュし、コース脇のウォールにヒット、ミシュランのロゴが印刷されたスポンサーシートを引きずったまま走行していくというシーンがあった。そしてこのシートが、後続から迫ったジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン)のマシンに絡まってしまうという珍事もあった。

 フォーミュラE開幕戦香港ePrixのレース1決勝は、日本時間の12月2日(土)16時2分スタート予定となっている。

→フォーミュラEシーズン4開幕戦香港ePrixレース1暫定グリッド

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 香港ePrix
サブイベント レース1予選
サーキット 香港ストリート・サーキット
記事タイプ 予選レポート