F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
15 時間
:
59
:
49
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days

バードが”飛ぶような”走りでPP獲得:フォーミュラEパリePrix予選レポート

シェア
コメント
バードが”飛ぶような”走りでPP獲得:フォーミュラEパリePrix予選レポート
2016/04/23 20:04

フォーミュラEパリePrixの予選が行われ、DSヴァージン・レーシングのサム・バードがポールポジションを獲得。アプト・シェフラー・アウディ・スポートのルーカス・ディ・グラッシが2番手を確保した。

Sam Bird, DS Virgin Racing
Lucas di Grassi, ABT Schaeffler Audi Sport
Nicolas Prost, Renault e.Dams
Stéphane Sarrazin, Venturi
Sébastien Buemi, Renault e.Dams
Formula E, piloti in gruppo
Foto di gruppo dei piloti della Formula E

 現地時間の正午から行われたパリePrixの予選。気温10度、路面温度16度と、肌寒く感じるコンディションで行われた。観戦するパリジェンヌたちも、防寒の装いだ。

好調コンウェイ、悪夢のクラッシュ!

 予選第1グループに出走したのはステファン・サラザン、ロイック・デュバル、セバスチャン・ブエミ、マイク・コンウェイ、ニック・ハイドフェルドら。ここまでのフリー走行で上位に顔を並べたラインアップが揃った。

 開始早々、ロイック・デュバルが2度にわたってオーバーランしてしまう。気温が低く、タイヤを作動温度領域まで温めるのに苦労しているようにも見える。

 まずタイムを記録したのはブエミ。1分2秒661を記録する。これを追うべく、ハイドフェルドと、FP2でトップタイムを記録したコンウェイが連なるようにアタックに入っていく。コンウェイは好調でセクター1とセクター2で最速を記録しながら計測ラインを目指すが、最後のターン11でハイドフェルドがスピンを喫し、そこにコンウェイが突っ込んでしまいクラッシュ! 両者はマシンを大破させてしまう。

 これでセッションは赤旗中断。コンウェイの元には、ハイドフェルドが謝罪に訪れる。

 セッション残り時間は1分加算されてセッション再開。デュバルとサラザンがコースインする。デュバルはブエミに届かなかったが、サラザンが1分02秒148を記録して、ブエミを抜いてトップに。これで予選グループ1が終了した。ブエミはマシンに問題を抱えているようだ。

DSヴァージン・レーシングの躍進。予選1-2!

 予選グループ2。コースインしたマシンは右に左にステアリングを振ってウィービングを行い、入念にタイヤに熱を加える。

 このグループで注目は、やはりランキングトップのルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)。しかしディ・グラッシのアタックは振るわず、サラザンのタイムを更新できない。一方、渾身のアタックを見せたのは、地元フランスのジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン・レーシング)。1分01秒770で、サラザンに0.3秒以上の差をつけてトップに立っている。なお、今季ここまで苦しんできたネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)は、この時点で6番手とまずまずのタイムを記録した。

 続く第3グループにはニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)が登場。しかし4番手が精一杯だ。ロビン・フラインス(アンドレッティ)が5番手につけ、オリバー・ターベイが6番手。やはりピケJr.と揃ってネクストEV TCRが復調の兆しを見せる。

 最終第4グループでは、サム・バード(DSヴァージン・レーシング)がアグレッシブな走りで攻めに攻め、1分01秒514でトップタイム。これでDSヴァージン・レーシングが予選1-2を独占する形となった。チーム・アグリのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは10番手、今回が初出場のマー・チンファは15番手となった。

バードが空を”飛んだ!”

 これでスーパーポールセッションに進んだのは、バード、ベルニュ、サラザン、ディ・グラッシ、プロストの5人である。

 最初の出走したのは予選5位のプロスト。プロストは無難にはまとめたものの目立つ速さはなく、1分02秒709に終わる。続いてディ・グラッシが右フロントをロックさせながらアタックし、1分01秒932を記録。ポールポジションが近づく。続くサラザンのタイムは1分02秒550で、プロストの前にはとどまるもののディ・グラッシの先行を許してしまう。

 そして今回好調のDSヴァージン・レーシング勢が登場。ベルニュは渾身のアタックを決めるが、ディ・グラッシにわずか0.061秒及ばない。そして予選最速のバードはセクター2で最速を記録すると、そのまま計測ラインへ。タイムは1分01秒616で、バードがポールポジションを決めた。モニターでこれを見ていたディ・グラッシが、「バードは空を飛んだよ!」と言うほど、素晴らしいアタックだった。

 ランキングトップのディ・グラッシが意地を見せたものの、DSヴァージン勢の勢いが光るパリePrix。トラブルにより下位に沈んでしまったブエミの様子も気になるところだ。さて、決勝はどんな展開になるのか? 決勝レースはこの後23時(日本時間)にスタートする。

■フォーミュラEパリePrix予選結果

1. 2 サム・バード(DSヴァージン・レーシング)1'01''616
2. 25 ジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン・レーシング)1'01''932
3. 4 ステファン・サラザン(ベンチュリ)1'01''993
4. 11 ルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)1'02''550
5. 8 ニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)1'02''709
6. 27 ロビン・フラインス(アンドレッティ)1'02''405
7. 88 オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)1'02''492
8. 9 セバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)1'02''661
9. 1 ネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)1'02''685
10. 55 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チーム・アグリ)1'02''747
11. 7 ジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン)1'02''797
12. 28 シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)1'02''888
13. 21 ブルーノ・セナ(マヒンドラ)1'02''915
14. 66 ダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)1'03''081
15. 77 マー・チンファ(チーム・アグリ)1'03''655
16. 6 ロイック・デュバル(ドラゴン)1'03''787
17. 12 マイク・コンウェイ(ベンチュリ)1'04''798
18. 23 ニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)1'11''853

次の記事
フォーミュラEパリePrix FP2結果:コンウェイがトップ。クラッシュ、コースオフが相次ぐ

前の記事

フォーミュラEパリePrix FP2結果:コンウェイがトップ。クラッシュ、コースオフが相次ぐ

次の記事

ディ・グラッシが2連勝。初のパリ市街地レース制圧:FE第7戦パリePrix決勝

ディ・グラッシが2連勝。初のパリ市街地レース制圧:FE第7戦パリePrix決勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント パリePrix
サブイベント 土曜日 予選
ロケーション パリ市街地
ドライバー サム バード