フォーミュラE開幕戦香港ePrix予選:ピケJr.がPP獲得。ターベイが2番手

フォーミュラE香港ePrix予選は、ネルソン・ピケJr.がポールポジションを獲得した。

 フリー走行2回目終了直前に起きたネルソン・ピケJr.(ネクストEVニオ)のクラッシュの影響で、ターン3〜4のシケインにある縁石が変更。この作業に時間がかかったため、予定より5分遅れて予選が始まった。

 まず行われた予選1組目。早速ポールポジション候補とも言えるニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)が登場。他にはステファン・サラザン(ベンチュリ)やニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)が出走した。また、今回がデビュー戦となるジャガーのアダム・キャロルもコースインしていく。

 最初にアタックラップを行ったのは、プロスト。各所でマシンをスライドさせながら、1分3秒759を記録。これを上回ったのはドラゴンのロイック・デュバルで、1分3秒637である。以下ハイドフェルド、キャロル、サラザンの順で1組目のアタックが終了。時間的にも、1アタックで決めなければならない。非常に厳しい予選となっていきそうだ。

 予選2組目に登場したのは、今年こそのチャンピオンを狙うアプト・シェフラー・アウディ・スポートのルーカス・ディ・グラッシ。そのディ・グラッシは、ターン3〜4のシケインの餌食となってしまう。縁石に乗り上げてしまい大きくバウンド、アウト側のウォールにクラッシュしてしまったのだ。ディ・グラッシはこのクラッシュでマシンの左側を大破。これでセッションは赤旗中断となった。なおディ・グラッシはフリー走行2回目に続くクラッシュである。

 残り3分弱というところからセッション再開。各車まだ十分なタイムを計測できておらず、しかも満足にタイヤを温める時間もなく、厳しい展開である。

 しかし、そんな状況も関係なく、サム・バード(DSヴァージン)がトップタイムを記録。さらにその後ろから、ネクストEVニオのオリバー・ターベイが1分3秒231を記録して全体のトップに浮上する。昨年は苦戦したネクストEVニオ(昨年はネクストEV TCRの名で参戦)は、復活の兆しを見せる。

 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(アンドレッティ)が6番手、マー・チンホワ(テチータ)は9番手と、この時点でスーパーポールセッション進出を逃した。

 予選第3組にはフォーミュラE初代王者のネルソン・ピケJr.(ネクストEVニオ)が登場。さらには、フリー走行2回目でトップタイムを記録した、ジャン-エリック・ベルニュ(テチータ)もこの組での出走だ。

 デビュー戦のフェリックス・ローゼンクビスト(マヒンドラ)が3番手に飛び込むと、ピケJr.が1分3秒099で全体のトップタイムを更新。この時点でネクストEVニオが1-2体制である。

 この直後、アンドレッティのロビン・フラインスがターン3〜4のシケインでクラッシュ。後方を走っていたベルニュは、なんとか追突を避けた。これでまたも赤旗中断。シケインは今回のレースで鬼門となりつつある。

 なお、赤旗が出された時点で、ベルニュとミッチ・エバンス(ジャガー)がタイムアタックを終えておらず、再開を待つこととなった。

 長い中断の後、現地時間の13時3分からセッション再開。ベルニュとエバンスのみがコースに出て行った。そしてふたりがアタックを行い、ベルニュは6番手、エバンスは12番手に終わる。

 予選第4組には満を持して昨年王者のセバスチャン・ブエミが登場。そのブエミは4番手タイムを記録。それをホセ-マリア・ロペス(DSヴァージン)が3番手に入ってきた。

 結局、ネルソン・ピケJr.のトップタイムは変わらず。ポールポジション獲得を決めた。2位にはオリバー・ターベイが入り、ネクストEVニオが1-2でフロントロウを占めた。3番手にはデビュー戦のWTCC王者ロペス、3番手にはバードとDSヴァージン勢が2列目。ブエミが5位に終わった。

 なお予定されていたスーパーポールセッションは、中断時間が長かったことで中止となっている。

フォーミュラE香港ePrix予選結果:

ClaDriverTeamLapsTimeGapIntervalkm/h
1 3   Nelson Piquet Jr.    NEXTEV TCR Formula E Team 3 1'03.099     106.118
2 88   Oliver Turvey    NEXTEV TCR Formula E Team 5 1'03.231 0.132 0.132 105.897
3 37   Jose Maria Lopez    Virgin Racing 3 1'03.251 0.152 0.020 105.863
4 2   Sam Bird    Virgin Racing 5 1'03.258 0.159 0.007 105.852
5 9   Sébastien Buemi    DAMS 3 1'03.317 0.218 0.059 105.753
6 19   Felix Rosenqvist    Mahindra Racing 3 1'03.332 0.233 0.015 105.728
7 66   Daniel Abt    Team Abt 3 1'03.615 0.516 0.283 105.258
8 6   Loic Duval    Dragon Racing 3 1'03.637 0.538 0.022 105.221
9 25   Jean-Eric Vergne    Techeetah 5 1'03.750 0.651 0.113 105.035
10 8   Nicolas Prost    DAMS 3 1'03.759 0.660 0.009 105.020
11 23   Nick Heidfeld    Mahindra Racing 3 1'03.848 0.749 0.089 104.874
12 5   Maro Engel    Venturi 3 1'03.915 0.816 0.067 104.764
13 28   Antonio Felix da Costa   Andretti Autosport 5 1'04.057 0.958 0.142 104.531
14 47   Adam Carroll  Panasonic Jaguar Racing 3 1'04.428 1.329 0.371 103.929
15 4   Stéphane Sarrazin    Venturi 3 1'04.520 1.421 0.092 103.781
16 20   Mitch Evans  Panasonic Jaguar Racing 5 1'04.588 1.489 0.068 103.672
17 33   Ma Qing Hua    Techeetah 5 1'04.740 1.641 0.152 103.429
18 7   Jérôme d'Ambrosio    Dragon Racing 3 1'05.166 2.067 0.426 102.752
19 11   Lucas di Grassi    Team Abt 2 1'08.094 4.995 2.928 98.334
20 27   Robin Frijns    Andretti Autosport 2 1'10.407 7.308 2.313 95.104
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 香港ePrix
サーキット 香港ストリート・サーキット
記事タイプ 予選レポート