【フォーミュラE】シーズン4の暫定カレンダー発表。ローマ等で初開催

FIAは、シーズン4(2017/18年)の暫定カレンダーを発表した。新たな開催地としてローマやサンティアゴ、サンパウロが含まれている。

 先日開かれたFIA世界モータースポーツ評議会で承認された、フォーミュラEのシーズン4(2017/18年シーズン)の暫定カレンダーが発表された。

 11カ所14レースで争われるシーズン4は香港やマラケシュ、メキシコシティ、パリ、ニューヨーク、モントリオールといった今シーズンにもレースが行われている開催地の他、イタリア・ローマやチリ・サンティアゴ、ブラジルのサンパウロが新たにカレンダーに加わった。なお、2カ所の開催地が未定となっている。

 開幕戦は12月2-3日に行われる香港ePrixでのダブルヘッダーとなる。シーズン3の開幕戦は10月上旬に行われたが、シーズン後半にレースがない空白期間を避けること、香港周辺が台風に襲われるシーズンを避けることを目的に、開幕が12月にずれ込んでいる。

 2月3日にはサンティアゴで初めてとなる、FIA公認のストリートレースが開催される。その後メキシコシティでのレースが3月3日に行われ、サンパウロでブラジル初のフォーミュラEが3月17日に行われる予定だが、現在は承認待ちの段階である。

 中南米での連戦を終えると、舞台はヨーロッパに移る。初開催のローマePrix(4月14日)の2週間後には、パリePrixが予定されている。その後、5月19日のレースは開催地未定となっているが、ドイツのベルリンかミュンヘンいずれかであると考えられている。

 6月9日のラウンドも開催地は未発表だが、こちらはスイス・チューリッヒとなる可能性が高いとみられており、シーズン1に開催されていたモスクワが復帰する見込みは少ないと思われる。

 シーズン4のフォーミュラEは、7月のニューヨークとモントリオールで決着。この2ラウンドは共にダブルヘッダーとなっており、2ラウンドで4レースが行われることになる。なお、ニューヨークePrixは日程に変更の可能性がある。

【関連ニュース】

ブエミとロペス、FEニューヨークの欠場を強いられる”状況”に不快感

フォーミュラEシーズン5の新マシン、今年10月に初テスト予定

メルセデス、フォーミュラEシーズン5への参戦は10月までに判断

ポルシェ、フォーミュラE参戦へ加速? モナコePrixを視察

ローマ市がフォーミュラE開催を承認。シーズン4開催の可能性も?

■シーズン4 暫定スケジュール

開催地

日付

 香港(ダブルヘッダー)

12月2-3日

 マラケシュ

1月13日

 サンティアゴ

2月3日

 メキシコシティ

3月3日

 サンパウロ*

3月17日

 ローマ

4月14日

 パリ

4月28日

未発表

5月19日

未発表

6月9日

 ニューヨーク(ダブルヘッダー)

7月7-8日*

 モントリオール(ダブルヘッダー)

7月28-29日

* 承認待ち

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース