フォーミュラE、”バットマン的”第2世代マシンを本日公開へ

火曜日に第2世代のマシンを発表する予定のフォーミュラEは、そのティザー画像を公開した。

Formula E 2018/2019 car teaser
Formula E 2018/2019 car teaser

Photo by: FIA Formula E

 フォーミュラEは、今年の末に開幕する第5シーズン(2018-2019)から、新型マシンを使うことになっている。このマシンは、シリーズCEOのアレハンドロ・アガグ曰く「バットマンのような」新しいデザインが印象的である。

 フォーミュラEがソーシャルメディアに投稿したティザー画像には、FIAにより装着が義務付けられるハロの外周部分に照明が取り付けられるなど、独特の新しい機能が加えられることになりそうだ。

 ノーズはこれまで以上に幅広くなっている。またフロントウイングは複雑な曲線を描きながら、フロントタイヤを覆うようになっているようだ。 

Formula E 2018/2019 car teaser
Formula E 2018/2019 car teaser

Photo by: FIA Formula E

 またもう1枚の写真では、巨大なディフューザーと、リヤウイングの一部を確認することができる。

 マシンの全体像は、1月30日(火)にオンラインで発表される予定だ。また3月のジュネーブショーでも、発表会を行うことが計画されている。

 フォーミュラEはこのニューマシンの投入に伴い、バッテリーも変更。これまでよりも大容量のマクラーレン・アプライド・テクノロジーズ製バッテリーを搭載することで、シーズン1から続いてきたレース中にマシンを乗り換えるというシーンに終止符を打つことになる。

 なおマシンの製作を手がけるのは、第1世代マシン同様スパーク・レーシング・テクノロジーズである。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース