【フォーミュラE】日本メーカー参戦を熱望。ニッサンか? トヨタか?

フォーミュラEホールディングスのCEOであるアレハンドロ・アガグは、日本の自動車メーカーの参戦を熱望していると語る。

 フォーミュラEホールディングスの代表であるアレハンドロ・アガグはmotorsport.comに対し、日本の自動車メーカーの参戦を熱望していると語った。

 フォーミュラEに参戦する可能性がある日本メーカーとして、まず名前が挙がるのがニッサンである。ニッサンは電気自動車”リーフ”を販売しており、フォーミュラEに参戦中の姉妹ブランドであるルノーの参戦を引き継ぐのではないかと言われている。この可能性は捨てきれないが、今後2シーズンは、そうなる可能性は低いと考えられる。

 世界的に見れば、ルノー-ニッサンのグループは、最も多くの電気自動車を販売しているメーカーであり、それに続くのがアメリカのテスラである。

「日本かアメリカのメーカーが、すぐに参戦してくれることを願っている」

 そうアガグは語った。

「みなさんと同じように、私もいくつかの噂を聞いたことがある。しかし、そう言った意味では、私は何も認めることはできない」

「我々は本当に日本メーカー、しかも1つ以上のメーカーがすぐに来てくれることを願っている。我々にとって日本は主要な市場であり、そのためには日本とアメリカのメーカーが必要なんだ」

「このふたつの国は、我々にとって保留となっている国だ。もし日本から1社、アメリカからの1社が参戦してくれれば、我々は非常に良いポジションに立てることになる」

トヨタがポルシェに続くことはない

 ポルシェは先日、今季限りでWEC(世界耐久選手権)への参戦をやめ、シーズン6からフォーミュラEへの参戦を目指すことを明らかにした。

 つまり2018年以降、トヨタはLMP1唯一のメーカーとなってしまうということ。しかしトヨタが近々にフォーミュラE参戦を目指すと表明するとは考えにくく、その最優先事項は、2018年のル・マン24時間レースに勝つことだと考えられる。

 アガグはフォーミュラE立ち上げにあたり、トヨタと参戦について話し合いを行ったというが、それほど深い話にはならなかったと語る。

「トヨタとはそれほど多く会話をしたわけではない」

 そうアガグは語った。

「我々は彼らを知っているし、数年前に日本に行った時にお邪魔しただけだ。それ以上のモノはない」

「彼らはおそらく今、彼らの将来のステップと戦略を見極めているところだろうと思う。それは、そのうち明らかになることだろう」

「私は、あまり多くのメーカーを招待しすぎないようにしたい。なぜなら他の選手権が、私に腹をたてるだろうからね」

【関連ニュース】

フォーミュラE、第5シーズンに日本初開催の可能性

フォーミュラE代表語る「日本開催を含め、日本の関与を望んでいる」

ベンチュリ、日本企業ロームのSiCを導入。研究開発を加速させるレース環境

東京の公道をFEマシンが駆け抜けた! ディ・グラッシがドライブを担当

「F1にとってフォーミュラEは脅威ではない」とハース代表が分析

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース
タグ agag, nissan, toyota