【フォーミュラE】次世代マシンコンセプト公開。40kg軽量化を実現

スパーク・レーシング・テクノロジーズは、2018年以降各チームに提供される次世代フォーミュラEマシンのコンセプトイメージを初公開した。

 フォーミュラEで現在使用されているシャーシのサプライヤーであるスパーク・レーシング・テクノロジーズ(SRT)は、2018年以降もシャシーサプライヤーを務めることが決まっている。そのSRTが、次世代フォーミュラEマシンのコンセプトイメージを初公開した。

 元ルノーF1のチーム代表、フレデリック・バスールがオーナーであるスパークは、昨年の夏に行われたフォーミュラEのシャーシの入札で勝利し、サプライヤー契約が継続された。

 motorsport.comは、FIAが次世代のフォーミュラEマシンの創造と開発に直接的に関与する可能性があるという情報を掴んでいる。シーズン5(2018/19年)モデルは今シーズン末に発表される予定だ。

 2014年に42台の第1世代初期のフォーミュラEマシンを供給したSRTは、新たなシャーシであるSRT-05の設計のために再びダラーラをテクニカルパートナーとして迎え入れた。

 今回公開されたのはマシンの外観だけであるが、現在のマシンとはかなりイメージが異なっている。ただしこの画像は、あくまで第2世代のフォーミュラEマシンのイメージ図であり、実際のクルマとは大きく異なってくるだろう。

 新たなシャーシは効果的なエアロデザインと軽量化を実現し、新たな材質を取り入れることで約40kgの軽量化を実現したと想定されている。シーズン5からの次世代バッテリーの入札で勝利したマクラーレン・アプライド・テクノロジーズによって供給されるバッテリーは、既存のバッテリーユニットよりも重量が増すため、シャーシの軽量化は重要な要素となってくる。

 SRTによって公開されたマシンのコンセプトは、積極的に拡張されたフロントガラスが特徴的であり、去年F1のレッドブルがテストした”ウインドスクリーン”に似ている。これは、デザインに取り込まれたいくつかの新しい安全装置のひとつであると考えられる。

 シーズン5のマシンはバッテリーを28kWhから54kWhにパワーアップし、空気力学の面からも効率化させることでマシンの乗り換えを行うためのピットストップを廃止し、少なくとも45分間は連続で走行できるようにすることが目指されている。

 今週末に行われるブエノスアイレスでのフォーミュラEチーム連盟の会議では、シーズン5用マシンのデザインの詳細が公開される予定だ。

【関連ニュース】

【フォーミュラE】ジャガーを試走したマッサ「全く新しい経験だった」

【フォーミュラE】関心を寄せるロズベルグ。しかし「レースはしない」

マクラーレンがフォ−ミュラEのバッテリー入札に勝利

2018年からのフォーミュラE二代目シャシー、スパークが引き続き供給

2018年のフォーミュラEは、出走24台になる可能性も?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース