ブエミ「全力で勝ちにいく」:フォーミュラEベルリンePrix金曜会見

フォーミュラE第8戦ベルリンePrix、レース前日のドライバー記者会見が行われ、選手権を争うルーカス・ディ・グラッシとセバスチャン・ブエミ、地元のニック・ハイドフェルド、そして今回がデビューレースとなるレネ・レストが登場した。

 フォーミュラEシーズン2の第8戦ベルリンe.Prixが、明日開催される。コースは昨年のテンペルホフ空港から市内の中心部に移った。テンペルホフ空港は中東からの移民の居住区に使用されており、そのためのコース変更である。今年は市内中心部のカール・マルクス通りをスタート地点に、ストラウスベルガー広場を巡る長いストレートとヘアピンコーナーが組み合わさった1周2.030kmのコースで行われる。

 レースを翌日に控えた金曜日(5月20日)、上位ドライバー、新人ドライバーの会見があった。

ルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)
Q. パリePrixで勝ち、スパのWECでも勝った。ここベルリンで勝って”3連勝”を成し遂げたいか?
「パリと同じように、僕のレースに対するアプローチは常に同じで、全力を尽くす。FEのタイトル争いはまだオープンで、ポイントの計算をするより今週末のレースで最高の成績が得られるように頑張りたい。でも、強いライバルが多いので油断はできない。FEレースは全部内容が異なり、たった1日で練習、予選、決勝が行われるのでミスやトラブルひとつですべてが台無しになる。だから、とにかく全力を尽くして可能な限りのポイントを稼ぎたい」

Q. 隣に座っているセバスチャン・ベッテルとはWECでも激しい争いをしている
「スパ6時間レースでは幸運にも勝てたが、セバスチャン・ブエミのトヨタは素晴らしく速く、トラブルが出るまで彼らがレースをリードしていた。我々は抜きつ抜かれつの争いをした。お互いを尊重してレースをすることが大切で、12馬力のクルマだろうが、300馬力のFEだろうが、技術が拮抗していて優秀なドライバーが争うレースが好きだ。尊敬、公正、フェアプレーが大切だ」

Q. エネルギーの使い方は?
「エネルギーの使い方はメキシコのレース同様に消費が一番大きくて難しいはずだ。バッテリーはシーズンを通して同じだが、モーターも含めてシステム全体に関してはルノーが素晴らしいパッケージを用意しており、彼らにアドバンテージがあると思う」

セバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)
Q. モスクワのレースがキャンセルになって、今週末のレースを入れて今シーズンは3レースになった。選手権争いでは1レースなくなるのは不利ではないか? 今週末の勝利は重要になる。
「勝てばポイントは多くもらえるが、もう1レースあろうがなかろうが、あまり関係ない。ロンドンでは何が起こるか分からないけど、ここではもちろん全力を尽くして勝ちに行く。しかし、選手権に焦点を当てるのではなく、小さなディテールに焦点を当てて良いクルマを作ることがレースで好成績を残すことに繋がる。選手権はまだ決まったわけじゃないし」

Q. パリでは気温が高く、タイヤに対する条件が良かった。ここはどうか?
「分からない。でも、いいと思う。レースに向けてセーブしないといけないけど、予選がどうなるかで大方が決まる。パリはコース幅が狭く、追い抜きが非常に難しかった。ここはコース幅がパリより広いので追い抜きはやりやすいと思うが、かといってスタート位置が後ろでも良いわけではなく、練習、予選と全力を尽くさなければいけない。予選でポールポジションが取れたら3点手に入るので嬉しいが、追い抜きが可能なこのコースでは、スタート直後の第1コーナーで頭が取れなくても、それほど大きな問題にはならないと思う」

ニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)
Q. 地元レースですが?
「このコースのシミュレーションをやっていないのでどうなるか分からないが、パリに似ていると思う。パリはコースがツイスティで運転が難しかった。でも、ここはコースが広いので追い抜きはより簡単だと思う。ストレートも長く、スピードに乗った走りが見えるので、観客は楽しめると思う」

Q. パリではスタート位置が後ろだと第1コーナーで順位が決まった感があるが、ここではもっとオープンか?
「そうは簡単にはいかないだろう。週末を通してことが上手く運べば、北京同様にポイントは獲得出来るだろうが、接戦が予想されるので予断は許さない。全力を尽くすだけだ」

レネ・レスト(チーム・アグリ)
Q. このレースからチーム・アグリで走るレネ。ギリギリで契約が決まったが?
「正直な話を言うと、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが出場するDTMのレースとベルリンのFEレースに日程が重なっていることは分かっていたので、ダ・コスタの代役としてベルリンで走らないかと今シーズン始めにチームから打診があった。しかし、チームはアダム・キャロルと話を進め、それが駄目になってから突然私のところに再度話が来たので、準備をする時間はほとんどなかった。一番の問題はEライセンス取得の件で、そのライセンスを取得するにはフォーミュラカーなどの経験が必要なことだ。私もフォーミュラカーの経験は2年あるが、もう随分前のことで、ちょっと心配だった。しかし、取得できたので出場出来ることになった」

Q. あなたがシングルシーターに乗ったのは12年前のフォーミュラBMW。長いブランクがあるが、準備は出来ているのか?
「モナコで2回シミュレーターで走ってきたが、簡単じゃない。明日の2回の練習走行で多くを学びたい。とにかくフォーミュラEのクルマに乗ったことがないので、どうなるかはさっぱり分からない。しかし、ダ・コスタは素晴らしい走りをしていたのでクルマは悪くないことが分かっている。出来ればポイント圏内でゴールしたい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 ベルリンePrix
サブイベント 金曜日
サーキット ベルリン・テンペルホフ空港
ドライバー ルーカス ディ・グラッシ , ニック ハイドフェルド , René Rast , セバスチャン ブエミ
記事タイプ プレビュー