マセラティ、FCAを代表してフォーミュラE参戦の可能性!?

マセラティはまだフォーミュラEと接触していないものの、FCAグループとして同シリーズに参戦する可能性があるという。

 マセラティは、フォーミュラEに参戦する可能性を探っているようだ。

 フィアット・クライスラー・オートモーティブ(FCA)の一員であるマセラティ。同グループのCEOであるセルジオ・マルキオンネは、FCAとしてフォーミュラEに参戦する可能性について議論したことを明らかにした。

 マルキオンネは今年の3月、「フォーミュラEに関与する意義がある」と宣言した。しかしその後、FCAグループがフォーミュラEに参戦する際には、フェラーリの名前ではないと主張するに至った。

 FCAにはマセラティとフェラーリのほか、アルファロメオ、フィアット、ダッジ、クライスラーなど、名だたる自動車メーカーが含まれている。その中でも、マセラティ名でフォーミュラEに参戦する可能性が最有力であるとみられている。

 FCAは来季、ザウバーに供給するフェラーリ製パワーユニットにアルファロメオのバッジを付け、”アルファロメオ・ザウバーF1チーム”として参戦することを決定。F1への取り組みを強化している。そしてハースにも同じ枠組みを活用し、F1にマセラティの名を復活させるという噂もあるようだ。しかしながらmotorsport.comでは、マセラティがフォーミュラEに挑戦する可能性も十分に残っていると理解している。

 アルファロメオ・ザウバーの発表会で、マセラティとフォーミュラEについて尋ねられたマルキオンネは、「我々は注目しているし、判断しているところだ」と語った。

 しかしFCAは、まだフォーミュラEと接触していないようだ。フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグは「私はマルキオンネ氏と話をしていない。しかし彼のグループがフォーミュラEにやってくるなら、その時は自然に歓迎するだろう」と語っている。

 フォーミュラEは現在10チームで行われているが、ポルシェとメルセデスが参戦を開始する2019-2020年シーズンからは、12チームに拡大することになっている。参戦チーム数はそれ以上に拡大されることはないとみられていて、もしマセラティが参戦するためには、既存の参戦チームと組まなければならないことを意味する。

 現時点でメーカーとの関わりを持っていないのは、テチータとドラゴンの2チームのみ。うちテチータは、ヴァージンからDSとの関係を引き継ぐものとみられている。いずれにしてもマセラティが組める可能性があるのは、2チームのみであると考えられる。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース