メカニックを”撥ねた”ロッテラー「レースでは起こり得ることだ……」

アンドレ・ロッテラーは、フォーミュラEのピットストップでスタッフが負傷するリスクは、他のレースでも起きうる可能性があるものだと語る。

 フォーミュラEのメキシコシティePrixの決勝レース中、テチータのアンドレ・ロッテラーは、マシンを乗り換える際に左サイドにいたチームスタッフを引きずる形で発進してしまった。この事故でスタッフは負傷し、ロッテラーには”危険な発進”だったとしてドライブスルー・ペナルティが科せられた。

 フォーミュラEではシリーズ開始から長きにわたって、マシン乗り換え時の安全を確保するために、ピットストップの最低時間が設定されていた。しかし、前戦サンティアゴePrixからこれが廃止され、その翌戦にいきなりこのような事故が起きてしまった。

 ロッテラーは今回の事故について、次のように語った。

「これは起こりうる可能性のあることだと思う。おそらく全てのレースで。しかし、ウチのガレージ以外でね」

 そうロッテラーは語った。

「誰もがマシンを限界まで攻めている。全員が非常に接近戦を繰り広げているんだ。ベルトが締まってしまえば、メカニックが飛び降りるようなスペースはなくなってしまう」

「でもそれは、他のカテゴリーのピットストップでも同じだ。メカニックはタイヤを交換する。そして、こういう事故が起きる時もある」

「これもレースの一部なんだ」

 ロッテラーのマシンと接触したメカニックは、靭帯に損傷を負った。

「僕はいつもと同じように発進した。でも、おそらくはほんの少しだが、早かったのかもしれない」

 ロッテラーは事故についてそう説明する。

「何が起きたのか、僕には分からないよ」

「でも彼は大丈夫だった。それは重要なことだ」

「レース結果については残念だった。それまでは7番手を走っていたのに、(ペナルティの結果)13番手に落ちてしまったからだ」

 今回のメキシコシティePrixで優勝したのは、アウディ・スポート・アプト・シェフラーのダニエル・アプトだった。アプトはオリバー・ターベイ(NIO)よりも格段に早いピットストップを行い先頭に躍り出ると、そのままレースを逃げ切ってトップチェッカーを受けた。

 アプトはメカニックの仕事ぶりに敬意を表しながらも、乗り換え作業については「信じられないほどストレスが多い」と語った。

「いつも言ってきたように、僕はそれ(レース中にマシンを乗り換えること)を好きになれない。今日の作業は気に入っているけどね。でも、とても厳しいことなんだ」

 そうアプトは語った。

「僕らにとってというより、その作業はメカニックにとって厳しい。何かひとつの手順を間違えることは簡単に起こり得るし、それがレースやその他の何かに影響を及ぼしてしまうこともあるんだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 メキシコシティePrix
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー アンドレ ロッテラー
チーム テチータ
記事タイプ 速報ニュース