モスクワePrix正式に中止。代替開催は行わず

6月4日に開催が予定されていたフォーミュラEシーズン2の第9戦モスクワePrixが中止になった。5月6日、フォーミュラEホールディングス(FEH)から発表された。

 6月4日に開催が予定されていたフォーミュラEシーズン2の第9戦モスクワePrixが中止になった。5月6日、フォーミュラEホールディングス(FEH)から発表された。

 モスクワePrixは、第7戦パリePrixの週末から中止が噂されていた。理由は現地の自治体(モスクワ市)、主催者側の都合ということだったが、実際のところ真の理由は明かされていない。6日に発表されたFEHのリリースには、道路閉鎖に関連する予期できぬ事情とのみ記されている。

 フォーミュラEのアレハンドロ・アガグ代表は、次のようなコメントを出している。

「6月4日のモスクワe.Prix中止に伴い、我々はそれに代わるレース開催を模索したが、残念ながら予定された日程での代替地を見つけることは出来なかった。モナコでの開催の可能性も含めて最大限の努力をしたが、時間が迫り来る中で最適の場所を見つけることは出来なかった」

「モナコでのフォーミュラEレース復活の可能性に努力いただいたアルバート二世モナコ王子、ミッシェル・ボエリ氏、モナコ自動車クラブには感謝に堪えない。モスクワのレースがなくなった現在、我々は残るベルリン(5月21日)、ロンドンのダブルヘッダー(7月2日、3日)の合計3レースに全力を尽くし、素晴らしいシーズの締めくくりとしたい」

 ロシアでは先日F1グランプリが開催されたばかり。常設サーキットで行われるF1レースでもプーチン大統領の気持ち次第というところがあり、開催計画は盤石ではない。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース