リン、フォーミュラE第4シーズンにDSヴァージンからフル参戦

アレックス・リンが、ホセ・マリア・ロペスに変わって、フォーミュラEのシーズン4でDSヴァージンのマシンをドライブすることになった。

  アレックス・リンが、DSヴァージンに加入し、フォーミュラEの2017-2018シーズンを戦うことになることがわかった。一方、2016-2017シーズンで同チームのドライバーを務めたホセ・マリア・ロペスは、チームを離脱することになる。

 アレックス・リンは、今年の初めにDSヴァージンにリザーブドライバーとして加わった。そしてホセ・マリア・ロペスがWEC(世界耐久選手権)のニュルブルクリンク戦に出走するためにニューヨークePrixを欠場した際、その代役としてフォーミュラEデビューを果たした。

 土曜日と日曜日の2レース制で行われたニューヨークePrix。そのレース1の予選で、リンは見事にポールポジションを獲得。しかし、いずれのレースもリタイアに終わっている。それでもその速さが評価され、来季からは複数年契約でレギュラードライバーに昇格。サム・バードとコンビを組むことになる。

「DSヴァージン・レーシングのフルタイムドライバーになることができて、大喜びしているよ」

 そうリンは語った。

「1月から、チームと非常に密接に仕事をしてきた。このような素晴らしいエンジニアたちから学ぶことができたり、彼らのセットアップに僕自身を合わせることができ、とても喜ばしい」

「特に(チーム代表の)アレックス・タイに感謝したい。彼はニューヨークで僕をフォーミュラEにデビューさせてくれただけでなく、フルタイムのレースシートにも昇格させてくれた」

「僕は来シーズン、コース上で全員の信頼に対してしっかりとお返しをしたいと思う」

 リンのチームメイトとなるバードは、これまでにフォーミュラEで5勝。第2シーズンのチャンピオンであるセバスチャン・ブエミ、そして第3シーズンのチャンピオンになったルーカス・ディ・グラッシ以外で、唯一全シーズンで勝利を収めているドライバーだ。彼は第3シーズンでランキング4位だったが、ニューヨークePrixで連勝している。

「昨シーズンはニューヨークePrixでの連勝が示すように、ペースとエネルギーマネジメントの面で大きく前進することができた。そして、チームが競争力を維持するために、懸命に働いていることを知っている」

 そうバードは語った。

「第4シーズンでは、さらなる成功を収めること、そしてアレックスとコンビを組むのを楽しみにしている。彼がチームにとって大切な財産であることは、間違いのないことだ」

ロペスの去就は不透明

 リンがフル参戦することが決まったため、ロペスの2017-2018シーズンの去就は、不透明なモノとなった。

 ロペスはルーキーシーズンだったにもかかわらず、シーズン3で2度の表彰台フィニッシュを果たした。しかし、どうも彼はタイとの関係がうまくいっていないようだ。これは彼の母国であるアルゼンチンで報じられている。

 チームのパフォーマンスディレクターであるザビエル・メステラン・ピノンは、ロペスの「貴重な技術的フィードバック」に感謝するコメントを出している。

 ロペスはフォーミュラEへの参戦を継続したいとの意向を示していたが、残りのシートはごくわずか。それも、ベンチュリやアンドレッティなど、レースに勝ったことのないチームに加入する可能性があるだけだ。

【関連ニュース】

2017-18シーズン フォーミュラEエントリーリスト(暫定)

チーム

ドライバー

ルノー・e.ダムス

 セバスチャン・ブエミ

 ニコラス・プロスト

ファラデイ・フューチャー・ドラゴン・レーシング

 ジェローム・ダンブロジオ

 ニール・ジャニ

DSヴァージン・レーシング

 サム・バード

 アレックス・リン

アウディ・スポート・アプト・シェフラー

 ルーカス・ディ・グラッシ

 ダニエル・アプト

テチータ

 ジャン-エリック・ベルニュ

TBA

アンドレッティ

 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

TBA

マヒンドラ

 ニック・ハイドフェルド

 フェリックス・ローゼンクビスト

ネクストEV NIO

 ネルソン・ピケJr.

 オリバー・ターベイ

ジャガー

 ミッチ・エバンス

TBA

ベンチュリ TBA
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース