ロシター&マコヴィッキィ、テチータから来月のFEルーキーテスト参加

スーパーGTなどで活躍するジェームス・ロシターは、来月行われるフォーミュラEのルーキーテストに参加する。

 スーパーGTに参戦するLEXUS TEAM au TOM'Sで活躍するジェームス・ロシターと、ポルシェのワークスドライバーであるフレデリック・マコヴィッキィは、来年1月14日にマラケシュで行われるフォーミュラEのルーキーテストにテチータから参加することが決定した。

 かつて日本でスーパーGTにも参戦していたマコヴィッキィは、タイヤサプライヤーのミシュランが彼を開発ドライバーに起用したこともあって、すでにフォーミュラEのマシンをドライブした経験を持っており、次のシーズンに向けて成長を遂げているドライバーだ。

 一方ロシターは、シーズン4(2017/18年)に参戦するためにシートを求めて、ヴェンチュリからシーズン前のテストに参加していた。

 来月のテストでは、マコヴィッキィはジャン-エリック・ベルニュから、ロシターはアンドレ・ロッテラーからそれぞれマシンを引き継いでテストを行う予定だ。

「テチータがマラケシュでのルーキーテストにおいてフォーミュラEのマシンをドライブするチャンスを与えてくれたことをとても嬉しく思う」とマコヴィッキィは話した。

「僕は新しいテクノロジーとストラテジーに興味を持っているし、最初からチャンピオンシップを見守ってきた。トラックでのレースは常にとても素晴らしいものだ」

「僕にとっては新しい経験になる。マシンに乗るのが待ちきれない」

 またロシターも、このテストに参加する機会について”非常に感謝している”と語っていた。

 他チームのテスト参加ドライバーに関しては、アンドレッティがブルーノ・シュペングラーとインディ・ライツに参戦するコルトン・ヘルタを起用することを発表。またBMWは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦するニコ・ミュラーと、マクラーレンの育成ドライバーであるニック・デ・ブリースをテストに参加させることになってる。

 ヴェンチュリは、フォーミュラ・ルノー北欧カップのチャンピオンであるマイケル・ベンヤヒアがマシンを走らせることになっている。

 マヒンドラからは、シミュレータードライバーのサム・デジョングと、シーズン前のテストに続いてダニエル・ジュンカデラが参加する予定だ。

 なおFIA F2に参戦していたアレクサンダー・アルボンやジョーダン・キング、フォーミュラV8 3.5のチャンピオンであるピエトロ・フィッティパルディもこのテストに参加するドライバー候補として名前が挙げられている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー Frédéric Makowiecki , ジェームス ロシター
チーム テチータ
記事タイプ 速報ニュース