ロズベルグ、フォーミュラE”参加”に興味?「明るい未来が待っている」

元F1チャンピオンのニコ・ロズベルグは、ドライバー以外の立場でフォーミュラEに関わることに興味を持っているようだ。

 元F1チャンピオンのニコ・ロズベルグは、ドライバー以外の立場でフォーミュラEに関わることに”興味を持っている”と語った。

 ロズベルグは、メルセデスでのチームメイトだったルイス・ハミルトンとの激闘に打ち勝ち、2016年シーズンのF1チャンピオンに輝いた。しかし直後にF1からの引退を電撃発表。その後はメルセデスのアンバサダーとなった。

 そのロズベルグはすでに、ドライバーとしてフォーミュラEに参戦する可能性は除外しているが、フォーミュラEシーズン4(2017/18シーズン)の開幕戦が行われている香港に姿を現した。

 彼はシリーズとヒューゴボスのゲストとして出席。ロズベルグは、F1を離れフォーミュラEの”公式アパレルパートナー”となったヒューゴボスのアンバサダーも務めている。

 今後、フォーミュラEと関わる可能性について訊かれたロズベルグは次のように答えた。

「どうなるか見てみよう。僕は進んでそれを探りたいと思っているし、どんな可能性がそこにあるのか見てみたい。僕は間違いなくフォーミュラEに興味を持っている」

「僕はそれについて多くのことを知っているし、見守っていく。フォーミュラEには素晴らしい未来が待っている」

「フォーミュラEは正しい方向に向かっている。アレハンドロ(アガグ/フォーミュラEのCEO)も素晴らしく、適切なことをしている」

 ロズベルグは今年何度か、引退以来レースをしていないことを寂しく思っていないと語っていた。それはつまり、ロズベルグがフォーミュラEに関わるとしたら、ドライバーではなくシリーズ自体あるいはどこかのチームにマネジメント側として加わる可能性が高いと考えられる。

 ロズベルグは、メルセデスやポルシェが参入する2019年、フォーミュラEは大きな注目を集めるだろうと語った。

「電気自動車にとって、大きな宣伝になるだろう。人々はそれを見て、未来の技術競争を見ることになるんだ。フォーミュラEには明るい未来が約束されている」

「それがもうすぐ実現する。これほど技術と対等な立場にあったレーシングシリーズはこれまでなかった」

「その技術はレースカーからロードカーへともたらされ、僕たちみんながそれをドライブするようになる。世界中から最高のブランドが集まり、ここで戦っている。それは素晴らしいことだ」

 ロズベルグはヒューゴボスがF1からフォーミュラEに”鞍替え”した根拠の一部が、企業としての先駆的な動きにあったと示唆した。

「まず最初に他と違った動きを見せることは、常に素晴らしいことだ。彼ら(ヒューゴボス)はファッションブランドとして、最初にフォーミュラEに飛び込んできた」

「彼らはいち早く動いたことで利益を得ることになるだろう。それが、彼らが送ったメッセージだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー ニコ ロズベルグ
記事タイプ 速報ニュース