ロペス、ジャニに代わりドラゴン・レーシング加入。来週末FE復帰へ

ホセ・マリア・ロペスは、開幕戦後にチームを離脱したニール・ジャニの後任としてシーズン4を戦うことが決まった。

 フォーミュラEのシーズン4(2017/18年)開幕戦である香港ePrix後にドラゴン・レーシングを離脱したニール・ジャニに代わり、ホセ・マリア・ロペスがそのシートに収まることが明らかになった。

 ジャニが開幕戦後に離脱したため、チームは来週末のマラケシュePrixまでに後任を決める必要に迫られていた。

 ロペスはDSヴァージン・レーシングからシーズン3(2016/17年)に出場していたが、今シーズンのシートを失っていた。しかしこれによって、彼の予想よりも早くシリーズへの復帰が叶うことになる。

 ドラゴン・レーシングは開幕戦でポイントを獲得できなかった唯一のチームであり、この時点でチームランキングでも最下位となってしまっていた。

 ロペスは復帰について、「僕にとってエキサイティングな機会だ。ドラゴン・レーシングでシーズン4を戦うことを楽しみにしている」と語った。

「シーズン3では良い経験ができたし、シーズンが進むにつれて力強い結果を得ることができるだろうと自信を持っている」

 彼はDSヴァージン時代に表彰台を2度獲得しており、これまでの最高位は昨年5月に行われたパリePrixでの2位である。

 また2018年はフォーミュラEに加えて、彼は引き続きWEC(世界耐久選手権)のLMP1クラスにTOYOTA GAZOO Racingから出場するものとみられている。

 シーズン3ではWECのニュルブルクリンク6時間とフォーミュラEのニューヨークePrixの日程が重なったため、ロペスはWECを優先したが、この時のフォーミュラE欠場が後にヴァージンのシートを失ったことに繋がったと語っていた。しかし今シーズンは日程のバッティングがないため、ロペスは両方のチャンピオンシップの全レースを戦うことが可能になる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー ホセ・マリア ロペス
チーム ドラゴン・レーシング
記事タイプ 速報ニュース