ローゼンクヴィスト悪夢のリタイア「今回のレースを忘れるべき」

メキシコシティePrixをリタイアに終わったフェリックス・ローゼンクヴィストは、今回のレースを忘れたいと語る。

 ポールポジションを獲得し、今季3勝目を目指してメキシコシティePrixの決勝レースに挑んだフェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ)。完璧なスタートを決めて後続とのリードを広げ、順調にレースを進めていたが、レースを約1/3走ったところでマシンにトラブルが発生し、ピットレーン入り口付近にストップしてしまった。

 ローゼンクヴィストはこれでリードを失ったばかりではなく、最後尾まで後退。その後リスタートこそなったものの、幾度もマシンがスピードを失うシーンが見られ、その度にコース上で再起動。早々にマシンを乗り換えてゴールを目指したものの、結局リタイアすることとなった。

「誰かがスイッチを切ったみたいだった」

 ローゼンクヴィストはそうmotorsport.comに対して語った。

「マシン全体を再起動しなきゃいけなかった。それから2周してそれがまた起こり、1周後にさらに起こったんだ」

「そういうことはもう1度起きた。それで僕らは『最悪だ! ピットに戻ろう』と言ったんだ」

「でもとにかく、僕は笑顔で家に帰ることができるよ。なぜなら、今日の僕は全てのことをうまくやることができたと思うから」

 今回のレースをリタイアで終わったにもかかわらず、ローゼンクヴィストは依然ランキング2位につけている。ポイントリーダーのジャン-エリック・ベルニュ(テチータ)との差は12ポイントだ。ベルニュは今回5位でフィニッシュして10ポイントを獲得したが、ローゼンクヴィストはポールポジションを獲得して3ポイントを得たことで、その差が広がるのを最低限に抑えた。

「今日は7ポイントを失っただけだ。とても良いことだ。不幸中の幸いだよ」
 
 そうローゼンクヴィストは語った。

「僕はそれをただ忘れて、次のプンタ・デル・エステのラウンドに向かう。ここ(メキシコシティ)に来たのと同じようにね」

 マヒンドラのディルバグ・ギル代表は、ローゼンクヴィストのトラブルについて「バッテリーの問題だ」と語った。

「私は今回のことから、幾つかポジティブなことを得たいと思う。我々は非常に速いクルマを持っていたし、レースを快適にリードしていた」

 そうディルバグは語った。

「しかし、バッテリーの共通パーツが故障した。残念だが、それについて何かをできるわけじゃない。それは共通パーツなんだ」

「それまで、我々は最速ラップを記録していたし、15周を終えて3秒のリードを築いていた。それ以上に何を求めることができただろうか?」

 なおマヒンドラは、ローゼンクヴィストのチームメイトであるニック・ハイドフェルドもリタイアに終わったことにより、メキシコシティePrixをノーポイントで終えた。ハイドフェルドのリタイア原因は、ウォーターポンプのトラブルだったという。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 メキシコシティePrix
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー フェリックス ローゼンクヴィスト
チーム マヒンドラ
記事タイプ 速報ニュース