中止のFE最終戦モントリオール、代替開催は行われず。今季は全12戦に

突如中止となったFE最終戦モントリオールePrix。代替戦が検討されていたが、それも開催されないことが決定した。

 モントリオール市の市長交代により、フォーミュラEシーズン4(2017/18年)の最終戦が中止となったことを受けて、イギリスのバーミンガムなどで代替戦を行う案が検討されていた。しかし結局代替戦は開催されず、今シーズンは全12戦となることが決定した。

 シーズン4(2017/18年)の最終戦として7月末に予定されていたモントリオールePrix。しかし先月モントリオール市長が交代したことにより、同市はレースの中止を一方的に宣言していた。

 これに伴い、フォーミュラEは6月末にイギリスのバーミンガムで代替戦を行うことを検討していた。もし開催が決定すれば、バーミンガムでのレースは1990年のSuperprix(FIAフォーミュラ3000、BTCC、フォーミュラ・フォード1600などを開催するイベント)以来となるはずだった。

 なおストリートコースでレースを開催する案に加えて、常設サーキットでの代替案も検討され、イギリスのドニントンパークやブランズハッチが候補に入っていた。

 また代替戦開催のほかにも、4月のローマePrixを2レース制にすることや、新たにドイツのノリスリンクでのレースをカレンダーに追加する案も検討されていた。

 しかしフォーミュラE役員会議の結果、モントリオールePrixの代替戦を行わないという決定が下された。これによりシーズン4は全12レースで争われ、7月16、17日に行われるニューヨークePrixが今シーズンの最終戦となる。

 なおモントリオールでのレース中止が宣言される前にも、フォーミュラEはすでに今年3月に開催予定だったサンパウロePrixを来シーズンまで延期し、代わりにプンタ・デル・エステ(ウルグアイ)でレースを行うことを決定している。

 先週末行われたマラケシュePrixを訪れたフォーミュラeのCEOであるアレハンドロ・アガグは、昨シーズンもレースを開催したニューヨークePrixでシーズンを終える案が好ましいとmotorsport.comに語っていた。

 またフォーミュラEの広報担当は、「我々はいくつか代替案を考えていた。しかしモントリオールに代わるレースを開催しないことを決断した」と述べた。

「都市の中心部でレースを行うには適切な計画が要求される。このプロセスにおいて複数の興味深い代替案が出てきたので、カレンダーに追加する前にそれらを検討する時間を得ることができた」

「シーズン最終戦はニューヨークで行われる。今年のチャンピオンに栄誉を与えるのに素晴らしい環境を提供できるだろう」

 モントリオールでの2レースがなくなったことにより、難しいシーズンスタートを切った昨季王者のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポート・アプト・シェフラー)が巻き返しを図るチャンスは少なくなってしまった。

 またチーム側としては、75万ユーロ(約1億125万円)以上の賞金を逃すことになる。この額は通常、ポイントを獲得するごとに付与されるものである。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース