初代王者ピケJr.、ジャガーへ移籍「仕事をするのが楽しみ」

フォーミュラEの初代王者であるピケJr.は、第4シーズンからジャガーに移籍することが決まった。

 フォーミュラEの初代チャンピオンであるネルソン・ピケJr.は、アダム・キャロルに代わり来シーズンよりジャガーに加入することが決定した。

 ピケJr.はネクストEVがチャイナ・レーシングだったフォーミュラE初年度より同チームに在籍していたが、ここ2シーズンはドライバーズランキングでトップ10に入ることができなかった。このチームのツインモーターのパワートレインの実力は不十分だったにもかかわらず、ネクストEVは第3シーズン(2016/17年)も同様のデザインを使用し続けた。この年ピケJr.は開幕戦の香港でポールポジションを獲得したものの、シーズンを通して表彰台を獲得することはできなかった。

 ピケJr.は今回の移籍を”素晴らしい名誉”だと説明した。

「ジャガーはモータースポーツにおいて力強い歴史を持っている。そのチームの一員になることができて興奮している」

「彼らの電動モータースポーツへの献身には感激したし、このチームで仕事をするのが楽しみだ」

 ジャガーのチームディレクターであるジェームス・バークレーは、ピケJr.と契約することができてとても興奮しており、引き続きチームに在籍するミッチ・エバンスとの”重要なルーキーシーズン”だと話した。

 またバークレーは、新マシン『I-TYPE 2』とともに、定期的にポイントを獲得することがジャガーの目標だと語った。

 ピケJr.のチームメイトとなるエバンスは、ジャガーのフォーミュラE参戦とともに自身もこのシリーズにデビューを果たした。そして彼よりも経験のあるキャロルに大差をつけてシーズンを終えている。

 ジャガーはチームランキングでトップ10に入ることはできなかったが、チームが獲得した27ポイントのうち、22ポイントはエバンスが獲得したものである。なお昨シーズンの最高順位はメキシコシティでの4位だった。

 その対価として彼はジャガーでの2シーズン目のシートを獲得したが、一方のキャロルはシートを得られず、他チームでシートを探しているのかどうかもまだわかっていない。

 エバンスは、「こういう良いシーズンを過ごして、第4シーズンもパナソニック・ジャガーレーシングとの関係を続けることができるなんて素晴らしいことだ」と話した。

「チームとして僕たちは正しい方向に向かっているし、香港での開幕戦が待ちきれない」

 またジャガーは、リザーブドライバーとしてホーピン・タンとの契約を延長したことも発表した。

【関連ニュース】

第4シーズン(2017/18年) フォーミュラE ドライバーラインアップ(9月21日現在)

Team

Drivers

ルノーe.ダムス

 セバスチャン・ブエミ

 ニコラス・プロスト

ファラデー・フューチャー・ドラゴン・レーシング

 ジェローム・ダンブロジオ

 ニール・ジャニ

DSヴァージン・レーシング

 サム・バード

 アレックス・リン

アウディ・スポート・アプト・シェフラー

 ルーカス・ディ・グラッシ

 ダニエル・アプト

テチータ

 ジャン-エリック・ベルニュ

TBA

アンドレッティ

 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

TBA

マヒンドラ

 ニック・ハイドフェルド

 フェリックス・ローゼンクビスト

ネクストEV NIO

 オリバー・ターベイ

TBA

ジャガー

 ミッチ・エバンス

 ネルソン・ピケJr.

ヴェンチュリ TBA

※ 斜字のドライバーは未確定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー ミッチ エバンス , ネルソン ピケJr.
チーム ジャガー・レーシング
記事タイプ 速報ニュース