初表彰台のエバンス「ジャガーは予選でのベンチマークになっている」

シェア
コメント
初表彰台のエバンス「ジャガーは予選でのベンチマークになっている」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2017/12/13 9:10

開幕戦で表彰台を獲得したエバンスは、ジャガーの予選ペースは良いが、レースペースを改善すべきだと語った。

Mitch Evans, Jaguar Racing
Mitch Evans, Jaguar Racing
Mitch Evans, Jaguar Racing
Mitch Evans, Jaguar Racing, on the grid
Mitch Evans, Jaguar Racing

 ジャガーのミッチ・エバンスは、ジャガーは予選で”ベンチマーク”となるほど好ペースを発揮しているが、レースペースの改善が必要だと話した。

 フォーミュラEで2年目のシーズンを迎えているジャガーは、今シーズンの開幕戦香港ePrixでチーム初となる表彰台を獲得した。

 初日から速さを見せていたエバンスは、レース2の予選でスーパーポールセッションに進出しポールポジションを目指したが、わずかに届かず2番手に。しかし決勝では優勝したダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)が失格となったため順位が繰り上がり、エバンスは3位を獲得した。

 彼はバレンシアで行われたプレシーズンテストの際に、1周のペースは良くなっていると自信を持っていたが、レースをより良くするためにその改善を活かすことができると確信できるよう集中しなければならないと主張した。

「僕たちは特別なことをしなくても速かった。特に1周のペースは良かった」とエバンスはmotorsport.comに話した。

「それには満足している。言うまでもなく僕たちはひとつのベンチマークのようだ」

「まだやらなければならないことも少しある。とりわけレースに関することだ。レース距離を考えるとまだ十分ではないし、僕たちはそれに取り組むつもりだ」

「マシンのスピードはある。それをレース距離全体で引き出そうとしているんだ」

 エバンスは、レース2でアプトやフェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ)、エドアルト・モルタラ(ヴェンチュリ)よりも平均してコンマ数秒遅いペースで走行しており、最終ラップでは大きく遅れをとった。

 ジャガーはレースで”それほど苦しんでいるわけではない”と彼は強調したが、”1周のペースと比べると”そういった部分が露出されてしまうと認めた。

「アウディは競争力がありそうだ。マヒンドラもレースペースがあって、最速のチームのひとつだ」

「そこが僕の比較しているところで、僕たちも(アウディやマヒンドラのように)そうなりたいと思っている」

「もし予選でのペースをレースでも発揮することができれば、僕たちはもっと良い形に収まるはずだ」

 またエバンスは、ジャガーチームは最初から上位チームとの比較を行っていたと明かした。

「これは僕たちの1周のペースに理由がある。というのも、僕たちは彼らと混じって走っているからだ。彼らと比べて僕たちの方が速かったとは言わないけど」

「僕たちの期待と目標はわずかに変わっている。でも今も僕たちはトップドライバーと比較している」

「僕はこれを続けられることができるよう望んでいる。無線でP1やP2というのを聞けたり、その順位を争うことができていると本当に嬉しい」

「昨年もこのような良いラップを走っていた。だけどリザルトを見ると褒められるようなものではなかった。今は僕たちには良いパッケージがあるし、チャンピオンシップでどんなことが起こるか楽しみだ」

【関連ニュース】

次の記事
アウディ、ルーキーテストにマクラーレン育成のデ・ブリースを起用

前の記事

アウディ、ルーキーテストにマクラーレン育成のデ・ブリースを起用

次の記事

モントリオール市、フォーミュラE最終戦開催を一方的にキャンセルか?

モントリオール市、フォーミュラE最終戦開催を一方的にキャンセルか?
Load comments

この記事について

シリーズ フォーミュラE
ドライバー ミッチ エバンス
チーム ジャガー・レーシング 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース