日産ドライバーの高星明誠、ルノーから来月のFEテストに参加予定

ルノー・e.ダムスは、来月マラケシュで開催されるフォーミュラEテストで日産育成ドライバーである高星明誠を起用する予定だ。 

 ルノー・e.ダムスは、来月マラケシュで開催されるフォーミュラEテストで日産育成ドライバーである高星明誠を起用する予定だ。 

 日産はグループ傘下のルノーから、2018/19年シーズンよりフォーミュラE参戦活動を引き継ぐことを東京モーターショー 2017で発表。NISMOのグローバル・モータースポーツ・ディレクターであるマイク・カルカモは、フォーミュラE参戦について学ぶために今月行われたシーズン4(2017/18年)開幕戦香港ePrixに会場を訪れていた。

 今シーズン、スーパーGT GT300クラスと全日本F3選手権にフル参戦し、全日本F3選手権ではチャンピオンとなった高星は、1月14日(日)に行われるマラケシュでのテストでルノー Z.E.17をドライブする予定だ。日産ワークスドライバーがフォーミュラEマシンをテストするのはこれが初めてのこととなる。

 今年ARTよりF2参戦したアレクサンダー・アルボンもルノーから参加するとの情報があるが、チームはテストで起用するドライバーを確定させていない。

 ジャン-ポール・ドュリオとアラン・プロストが共同で立ち上げたチームであるe.ダムスは、フォーミュラE初年度からルノーと共に参戦してきたが、ルノーから日産へ活動を引き継いだ後もチームに残ると予測されている。

 ルノー・e.ダムスは今年の初め、2015/16年シーズンのフォーミュラEチャンピオンであるセバスチャン・ブエミとニコ・プロストを2018/19年シーズンまで起用すると明らかにした。

 香港ePrixを訪れたカルカモはmotorsport.comに対し、NISMOとしては最終的に自社のワークスドライバーを参戦候補者として検討したいと述べている。

「チームにある最高のリソースを活用する準備ができている。選ばれるべきなのは良いドライバーだ」

「日産のフォーミュラE参戦プログラムが始まって間もないシーズン4よりも、(日産が実際にシリーズに参戦する)シーズン5からそのような方針を取っていくことになるだろう」

 マラケシュテストのドライバーラインアップは間も無く発表される予定である。

 現時点ではそのテストに参加する数名のドライバー名が挙がっている。フレデリック・マコヴィッキィやジェームズ・ロシターはテチータよりテストに参加し、アンドレッティはコリトン・へルタやブルーノ・シュペングラーを起用するようだ。

 アウディはニコ・ミュラーやニック・デ・ブリーズをドライバーラインアップに挙げている。さらにヴェンチュリはマイケル・ベンヤイア、マヒンドラはサム・デジョングとダニ・ジュンカデラをテストで走らせるという。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー 高星 明誠
記事タイプ 速報ニュース