高星&ロシターに続き、カルダレッリもFEルーキーテストへの挑戦が決定

ドラゴン・レーシングは、来月行われるフォーミュラEのルーキードライバーテストに、アンドレア・カルダレッリを起用することを発表した。

  ドラゴン・レーシングは、来月マラケシュePrixの後に同地で行われるフォーミュラEのルーキードライバーテストに、アンドレア・カルダレッリを起用することを発表した。

 カルダレッリは今季、#6 WAKO'S 4CR LC500の一員としてスーパーGTに参戦。大嶋和也とのコンビでランキング2位となった。またブランパンGTスプリント・シリーズの最後2戦にも、ランボルギーニを駆って参戦。いずれのレースでも表彰台を獲得している。

「マラケシュでのフォーミュラEルーキーテストに参加することができ、嬉しく思っている」

 そうカルダレッリはコメントを発表している。

「この素晴らしいシリーズに参加するチャンスを与えてくれた、ジェイ・ペンスキーとドラゴン・レーシングのスタッフ全員に感謝したい」

「これは僕にとって新しいことだし、電動フォーミュラカーをドライブすることに非常に興奮している。僕はこれまで、ハイブリッドカーでレースに出走するチャンスはあった。しかし、完全なる電気自動車を走らせるのは、モチベーション溢れるチャレンジだ」

「マラケシュでのテストは確かにエキサイティングな”挑戦”になるだろう。しかも、シリーズにおいて最も競争力のあるチームのひとつと、共に働けるのだからね」

 なおドラゴン・レーシングは、カルダレッリの起用を発表したのみ。同日に走行するもうひとりのドライバーが誰になるのか、まだ明らかにしていない。

 またカルダレッリの他にも、ルノー・e.ダムスからは高星明誠が、テチータからはフレデリック・マコヴィッキィとジェームス・ロシターが、このルーキーテストに出走予定。数多くのスーパーGT経験者が、マラケシュに挑むことになる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー アンドレア カルダレッリ
チーム ドラゴン・レーシング
記事タイプ 速報ニュース