メルセデス、F1での経験を活かし、既存のフォーミュラEチームに対抗

シーズン6からフォーミュラEに参戦する予定のメルセデスは、F1で培った技術を活かし、参戦開始当初から競争力を高めようとしている。

 2019年末に始まるシーズン6からフォーミュラEに参戦するメルセデス。このチームは、メルセデスのF1チームからの強力なサポートを受けることになるようだ。

 メルセデスは今年限りでDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)から撤退。2019年の末から2020年にかけて行われるシーズン6から、フォーミュラEに参戦することを決めている。

 同社のフォーミュラEパワートレインは、ブリックワースのファクトリーで開発が進められる。ここは、近年のF1を牛耳っているメルセデスのF1パワーユニットの開発も担当するファクトリーである。

 なおメルセデスの子会社であるHWAが、ワークス活動の開始に先立ち、今年末から始まるフォーミュラEのシーズン5に、ベンチュリのカスタマーチームとして参戦する。メルセデスのワークスチームのオペレーションもこのHWAが担当するが、ここにブラックリーのF1オペレーションチームのサポートが加わる予定だ。

「HWAとブリックワース、そしてブラックリーにあるメルセデスファミリーのノウハウを組み合わせ、メルセデスEQ・フォーミュラEチームに完璧な基盤を提供する」

 メルセデスのモータースポーツ部門を率いるトト・ウルフはそう語る。

「こういったプロジェクトを推し進めていく上で、これ以上の組み合わせを想像することができない」

「フォーミュラEは、チームが明確なチャレンジを抱える特殊なシリーズだ」

「戦いのレベルが非常に高いことは理解している。そして我々は、エネルギーを持ち、かつ謙虚に、そのチャレンジにアプローチするつもりだ」

「競争力があり、そしてこのシリーズで長年に及ぶ経験を持つマニュファクチャラーに対抗するためには、他の方法はない」

 高出力モーターを含むハードウエアやデプロイ、そしてレース環境でのハイブリッドエネルギーのマネジメントなどは、F1のエネルギー回生システムで培ってきた技術に非常に似たものであり、両者が協力し合って戦闘力を高めていくのは、非常に理想的なことであると言えそうだ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE , F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース