ディ・グラッシ、ブラジル開催延期に落胆「重要な場所だったのに……」

シェア
コメント
ディ・グラッシ、ブラジル開催延期に落胆「重要な場所だったのに……」
執筆: Alex Kalinauckas
2018/04/03 6:04

現フォーミュラE王者のディ・グラッシは、母国ブラジルでのレース開催が延期になったことにフラストレーションを感じているようだ。

 現フォーミュラE王者のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポート・アプト・シェフラー)は、母国ブラジルでのレース開催が延期されたことに落胆しているようだ。

 もともと、シーズン4(2017/18年)の第5戦はサンパウロでのレースが予定されており、フォーミュラEがブラジルで初のレースを開催することになっていた。

 ところが、レース会場となるアニェンビ・パークを民間バイヤーに売却する手続きが難航した結果、サンパウロ市当局はレースの延期を要請。第5戦はサンパウロに代わって、ウルグアイのプンタ・デル・エステで開催されることとなった。

 この第5戦では、テチータのジャン-エリック・ベルニュが優勝。ディ・グラッシが僅差の2位となっている。開幕から思うような結果を残せていなかったディ・グラッシにとって、今季初の表彰台獲得となった。

 母国でのレース開催実現に向けて、自身も働きかけを行っていたというディ・グラッシ。開催延期について、motorsport.comに次のように語った。

「計画立ち上げから、ブラジルでのレース実現に向けて一生懸命プッシュしていた」

「サンパウロ(でのレース)は、3年前から進めてきた計画だったけど、結局それは実現しなかった。正直に言ってサンパウロに限らず、ブラジルで僕たちがこのフォーミュラEのレースを開催できていないことにフラストレーションを感じている」

「現段階で、リオ・デ・ジャネイロはこのレースには適していないと思う。あそこは他に優先すべきことがたくさんあるからね。でも、サンパウロでの開催は間違いなく可能だ」

 シーズン4ではレースができなかったブラジルだが、シーズン5(2018/19年)のカレンダーに組み込まれる予定だ。ディ・グラッシは、フォーミュラEにとってのブラジルの商業的な価値はかなり高いと説明した。

「ブラジルでのフォーミュラEのレースはとても大切だ。なぜなら、ブラジルは中南米における自動車産業の最大市場であり、モータースポーツファンにとっても重要な場所だからだ」

「ブラジルにはモータースポーツのファンがたくさんいる。だからそこでレースをするというのは僕個人にとっても、シリーズにとっても同じように素晴らしいことだと思う」

「プンタ・デル・エステでのレースには、ブラジルのスポンサー(CBMM社/ブラジルのレアメタル鉱山企業)もついていた。しかし本来、彼らはサンパウロでのレースにスポンサードするはずだったんだ」

「繰り返しになるが、それがブラジルでのレースを開催することがチャンピオンシップにとってどれだけ商業的、戦略的に重要かを示している」

次の フォーミュラE ニュース
ポルシェ、フォーミュラE参入が正式決定。第6シーズンより参戦

前の記事

ポルシェ、フォーミュラE参入が正式決定。第6シーズンより参戦

次の記事

FE次世代マシン"Gen2"、重大な違いを生む2つの出力モードを搭載

FE次世代マシン"Gen2"、重大な違いを生む2つの出力モードを搭載

この記事について

シリーズ フォーミュラE
ドライバー ルーカス ディ・グラッシ
執筆者 Alex Kalinauckas
記事タイプ 速報ニュース