ホセ・マリア・ロペス、FEシーズン5もドラゴンスピードから参戦

シェア
コメント
ホセ・マリア・ロペス、FEシーズン5もドラゴンスピードから参戦
執筆: Alex Kalinauckas
2018/10/16 2:33

ホセ・マリア・ロペスは、シーズン4の途中で加入したドラゴンスピードに残留することが決定した。

 ホセ・マリア・ロペスは、12月に開幕するフォーミュラEのシーズン5にドラゴンスピードから参戦することが決定した。

 シーズン3よりこのフォーミュラEに参戦しているロペス。シーズン4は当初シートがなかったものの、開幕戦後にチームを離脱したニール・ジャニに変わって、ドラゴンスピードに加入。そのシーズン4でロペスは14ポイントを獲得し、ランキング17位でシーズンを終えた。

 また彼は2017年からTOYOTA GAZOO Racingの一員として世界耐久選手権にも参戦しており、先日行われた富士6時間レースでは、チームメイトの小林可夢偉、マイク・コンウェイと共に優勝を飾った。

 ロペスはドラゴンスピード残留が決まったことについて、「チームとの関係を続けられることになって嬉しい。僕たちの目的を達成するためにコースへ出て行くことを楽しみにしている」と話した。

「(チームの)雰囲気は素晴らしい」

「昨年僕が加入した時からチームは成長している。今僕たちの元には『Gen2』マシンがあって、新しいスタートを切るんだ。リヤドでの開幕戦でトラックに出るのが待ちきれない」

「僕の希望としては、最高の結果を出すためにも最初から競争力を発揮したい」

「この(シーズンオフの)間にチームは信じられないほどの努力をしてくれた。改善を続け、シーズンを通して成長していくために、彼らと仕事をすることを楽しみにしている」

 ドラゴンスピードのチーム代表を務めるジェイ・ペンスキーは、ロペスについて、”シーズン5に向けたパッケージ開発における、かけがえのない人物”だと語った。

「彼は本物のレーサーだ」

「彼には才能があると確信している。我々のエンジニア組織の成長と相まって、今年は勝てるチームであると証明されるだろう」

「私はその結果を見ることを楽しみにしている」

 なおロペスのチームメイトはまだ明らかになっていない。シーズン4でチームのテスト/リザーブドライバーを務めたマキシミリアン・ギュンターがチームと話し合いを行っているようだ。

 今年FIA F2に参戦しているギュンターは、夏の間にドラゴンスピードのプライベートテストに参加し、チームのGen2マシン『Penske EV-3』をテストした。

次の記事
ロッテラー、フォーミュラEの日本開催を熱望「ぜひ実現してほしい」

前の記事

ロッテラー、フォーミュラEの日本開催を熱望「ぜひ実現してほしい」

次の記事

パスカル・ウェーレイン、マヒンドラよりフォーミュラEに参戦決定

パスカル・ウェーレイン、マヒンドラよりフォーミュラEに参戦決定
Load comments

この記事について

シリーズ フォーミュラE
執筆者 Alex Kalinauckas
記事タイプ 速報ニュース