パリ予選:ベルニュ、今季4度目ポール獲得。ロッテラーが3番手に続く

シェア
コメント
パリ予選:ベルニュ、今季4度目ポール獲得。ロッテラーが3番手に続く
執筆:
2018/04/28 12:06

フォーミュラE第8戦パリePrixの予選は、テチータのジャン-エリック・ベルニュが今季4度目のポールポジションを獲得した。

 フォーミュラE第8戦パリePrixの予選が行われ、テチータのジャン-エリック・ベルニュがサム・バード(DSヴァージン)に0.277秒の差をつけてポールポジションを獲得した。

 5台ずつ4グループに分かれて行われるグループ予選では、ベルニュとバードはグループ1からの出走。後に走るほど路面コンディションが良くなるためグループ1の出走は不利となるが、それを跳ね除けてふたりはスーパーポールに駒を進めた。

 スーパーポールセッションでは、バードが暫定トップで最後にアタックするベルニュを見守る形に。すると、ベルニュは3つのセクターすべてでバードを上回り、ポールポジションを獲得した。

 これで今季4度目のポールポジション獲得となったベルニュ。ボーナスポイント3点を得て、ランキング2位のバードに対するリードを21ポイントに拡げている。

 3番手に入ったのは、ベルニュのチームメイトであるアンドレ・ロッテラー。マシンのリヤをウォールに当てながらもスーパーポールに進出し、2列目のグリッドを得た。

 4番手のマーロ・エンゲル(ベンチュリー)はフォーミュラEでの自己ベストグリッド。アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(アンドレッティ)はスーパーポールでのアタック時にターン3出口でワイドになってしまい大きくタイムをロス、5番手となった。

 現王者のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポート・アプト・シェフラー)は6番手。ルノーe.ダムスのセバスチャン・ブエミは8番手だった。

 直近の3レースで2度ポールポジションを獲得していたフェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ)は、グループ1での走行時にグリップを得るのに苦労し、11番手に終わった。

フォーミュラE第8戦パリePrix:予選結果

次の記事
エバンス、次世代マシンは「プロトタイプとシングルシーターの中間」

前の記事

エバンス、次世代マシンは「プロトタイプとシングルシーターの中間」

次の記事

パリePrix決勝:ベルニュ完勝。今季3勝目でランキング首位を堅持

パリePrix決勝:ベルニュ完勝。今季3勝目でランキング首位を堅持
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント パリePrix
ロケーション パリ市街地
ドライバー ジャン-エリック ベルニュ
チーム テチータ
執筆者 Alex Kalinauckas
まずは最新ニュースを読む