ポルシェ、フォーミュラE参入が正式決定。第6シーズンより参戦

FIAは、ポルシェをフォーミュラEの新たなマニュファクチャラーとして承認した。

 フォーミュラEマニュファクチャラーの申請を行ったポルシェは、4月10日(火)、FIAからの承認を受けた。

 これによりヴァイザッハに拠点を置くポルシェのファクトリーチームは、2019年のホモロゲーションに合わせて、独自のエレクトリックパワートレインの開発を継続するという。ポルシェは、2017年7月末の発表どおり、2019年末から開催されるグローバルエレクトリックレースシリーズ第6シーズンへの参戦を予定している。

 ポルシェのフォーミュラEプログラム担当副社長のフリッツ・エンツィンガーは次のように語った。

「FIAとアレハンドロ・アガグ氏は、過去数年間にわたって素晴しい仕事を成し遂げてきました。ポルシェは、今回の決定によって、世界中の主要自動車メーカーとサーキットで競うことができます」

 なお、フォーミュラEプログラムの技術開発の責任者を務めるのは、昨年までWEC(世界耐久選手権)に参戦してきたポルシェ919 Hybridのプロジェクトを引導してきたアンドレアス・ザイドルだ。

「ポルシェは、電気自動車の可能性と性能に、長い間注目してきました」とザイドルは語った。

「ポルシェのエンジニアたちがそのテーマに深入りするほど、電気自動車というソリューションはより一層魅力的なものになります。我々は、2019年初頭に予定している最初のモデルで、独自に開発されたパワートレインのテストを実施することを心待ちにしています。3月初旬のジュネーブモーターショーでフォーミュラEが公開した第2世代のレーシングカーは素晴しい車でした」

 フォーミュラEは主催者がシャシーとバッテリーを供給するが、パワートレインコンポーネントについては、全ての部分をエントラントが独自に開発している。

 この独自開発の機会によって、ポルシェは、エレクトリックモーター、インバーター、ブレーキ・バイ・ワイヤーシステム、トランスミッション、ディファレンシャル、ドライブシャフト、モノコック、リアアクスルのサスペンションコンポーネント、クーリングシステム、およびECUなどの主要テクノロジーに対するカスタムソリューションを手に入れる。そしてパワートレインのエネルギー効率はレースにおいて決定的な役割を果たすだけでなく、市販の電気自動車を開発していく中での中心的な要素になるという。

 ポルシェの2019年フォーミュラEへの参戦は、コンセプト・スタディモデル「ミッションE」の市販モデルを市場へ導入するタイミングと一致し、このモデルはスポーティーな最新技術を備えたポルシェ初の純粋な電気自動車となる。ポルシェは、2022年末までにE-モビリティに対して60億ユーロを超える投資を行う予定だ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
記事タイプ 速報ニュース