F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

FEベルリン予選:日産ブエミ、0.4秒差の圧巻ポール。バンドーン2番手

シェア
コメント
FEベルリン予選:日産ブエミ、0.4秒差の圧巻ポール。バンドーン2番手
執筆:
2019/05/25 8:40

フォーミュラEのベルリンePrix予選が行われ、日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミがポールポジションを獲得した。

 フォーミュラEの第10戦ベルリンePrixの予選が行われ、日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミがポールポジションを獲得した。

 ブエミは、グループ予選をストフェル・バンドーン(HWA)に次ぐ2番手タイムで通過。スーパーポールへと駒を進めた。

 スーパーポールでは5番目の出走となったブエミは、暫定トップに立っていたルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)をセクター1で0.379秒上回ると、セクター2でわずかにタイムを落とすが、最終的に1分7秒295をマーク。ディ・グラッシに0.424秒差をつけ、最終走者のバンドーンを待つことになった。

 バンドーンはターン1でスライドしながらも、ブエミにセクター1のタイムで迫る気迫のアタックを見せるも、最終コーナーで挙動を乱し、0.398秒ブエミに届かなかった。

 この結果、ブエミが第3戦チリ以来となるポールポジションを獲得し、絶好の位置から日産にとっての記念すべき1勝目、自身にとっての今季初優勝を目指すことになった。

 バンドーンはフロントロウの2番手を獲得。ブエミ同様、予選では速さを見せるものの、結果に繋がらないレースが続いているが、何としても好結果を手にしたいところだ。

 ディ・グラッシは、最も不利とされるグループ1の予選からスーパーポールへと駒を進め3番手。スーパーポールでのアタックでは、バンドーン同様大きくマシンがスライドする場面があったが、ゲイリー・パフェット(HWA)、アレックス・リン(ジャガー)、アレクサンダー・シムズ(BMWアンドレッティ)を上回った。

 なお、6番手となったシムズには、前戦モナコでディ・グラッシとクラッシュした件で5グリッド降格が科せられているため、11番手から決勝に臨むことになると思われる。

 代わって6番グリッドに繰り上がるダニエル・アプト(アウディ)は、パフェットのアタックにより、土壇場でスーパーポール進出圏内から蹴り出された。しかしアプトは、『予選開始5分前から、チームはマシンの温度管理以外の作業はできない』とする競技規則(33条の2)に違反したとして、審議対象となっている。

 ランキングトップのジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)はスーパーポールへと進めず9番手。ベルニュのチームメイトでランキング2位のアンドレ・ロッテラーは、アタックに入る前にチェッカーフラッグが振られたようで、予選最下位の22番手となっている。

 ランキング3位のロビン・フラインスは、マシンのトラブルでタイムを失い21番手に終わった。なお、フラインスもモナコで5グリッド降格ペナルティを受けたため、ロッテラーが21番手からスタートすることになる。

【リザルト】フォーミュラE第10戦ベルリンePrix:予選結果

次の記事
マッサのFE初表彰台はギリギリだった? 「最後の150mでエネルギーを使い果たした」

前の記事

マッサのFE初表彰台はギリギリだった? 「最後の150mでエネルギーを使い果たした」

次の記事

FEベルリン決勝:ディ・グラッシ、速さと戦略噛み合い2勝目。日産のブエミは2位

FEベルリン決勝:ディ・グラッシ、速さと戦略噛み合い2勝目。日産のブエミは2位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント 第10戦ベルリンePrix
ドライバー セバスチャン ブエミ
チーム NISMO
執筆者 Alex Kalinauckas