F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

タイトル争いの芽は“無くなった”。日産ブエミ、優勝チャンスを逃し白旗

シェア
コメント
タイトル争いの芽は“無くなった”。日産ブエミ、優勝チャンスを逃し白旗
執筆:
協力: Benjamin Vinel
2019/05/01 2:35

セバスチャン・ブエミはパリE-Prixでの優勝を逃した後、フォーミュラEのタイトル獲得のチャンスが“終わった”と公言した。

 フォーミュラE8戦パリePrixを2番グリッドからスタートした日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミは優勝を逃し、タイトル獲得のチャンスはもはや無くなってしまったと語った。

 決勝レースは、ポールポジションからスタートしレースをリードしていたブエミのチームメイト、オリバー・ローランドがウォールに突き刺さるクラッシュによって、セーフティカーが導入された。そして、その後はブエミがリードする展開となった。

 しかし、ブエミは後ろから迫るロビン・フラインス(ヴァージン)と接触。ブエミのタイヤは内圧低下に見舞われ、ブエミはタイヤ交換のためのピットインしたが、ピットレーンのスピード違反によってドライブスルーペナルティを科されポジションを落としてしまった。

 最終的にブエミは15位フィニッシュ、ランキングでは13位に位置している。このレースで勝利しランキングトップに立ったフラインスとは、5レースを残して51ポイント差となっている。

 ブエミはフラインスとの衝突の影響について“バルブが外れてしまい、タイヤの空気を失ってしまった”とmotorsport.comに語っている。

「“パンク”はゆっくりだった。何周かは走ることができたんだ。だけど、タイヤの空気は抜けてしまって、段々と遅くなってしまった」

 ブエミはフラインスの方に“より大きな責任がある”と感じている。しかし彼は「TV画面で見えるほど悪くはなく、フラインスのせいにしたいわけではない。ただ、今回のレースは僕たちのモノだと感じられていたので、受け入れる事は難しい」とも付け加えている。

「タイトル争いは終わったと思っている。だけど僕は最後までプッシュし続けるつもりだ。今回優勝できていたらまた違っていたけれど、今はもう難しいだろう」

次の記事
フォーミュラEパリ決勝:信じられないような大乱戦をフラインスが制す

前の記事

フォーミュラEパリ決勝:信じられないような大乱戦をフラインスが制す

次の記事

モナコePrix予選:日産のローランドが最速も、前戦のペナルティでベルニュPP

モナコePrix予選:日産のローランドが最速も、前戦のペナルティでベルニュPP
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント 第8戦パリePrix
ドライバー オリバー ローランド , セバスチャン ブエミ
チーム Nissan e.dams
執筆者 Alex Kalinauckas