フォーミュラE、8年目の2022年は最多の全16戦に。ケープタウン戦がカレンダーから外れる

2022年のフォーミュラEのカレンダーが発表され、ケープタウンでのレースがカレンダーから外れた一方、インドネシアの首都ジャカルタでの初開催が決定した。

フォーミュラE、8年目の2022年は最多の全16戦に。ケープタウン戦がカレンダーから外れる

 10月15日のFIA世界モータースポーツ評議会で、フォーミュラEの2022年カレンダーが承認された。以前発表された暫定カレンダーと比べると、南アフリカ共和国・ケープタウンでのレースがカレンダーから外れ、インドネシアのジャカルタでのレースが組み込まれている。

 フォーミュラEは、シーズン8にあたる2022年シーズンの暫定カレンダーを7月に発表。バンクーバーやソウルと並んで、ケープタウンで初開催する予定となっていた。

 一方、WMSCが承認した最新のスケジュールでは、ケープタウンがその枠を失ったようだ。ジャガー・サウス・アフリカがサポートし、2010年FIFAワールドカップ・スタジアム、ロベン島、テーブル・マウンテンなどのランドマークが組み込まれる予定だったこのレースがキャンセルされたのは、同国での新型コロナウイルスの問題が原因とされている。

 最初に暫定カレンダーが発表された時点で、同国ではパンデミックの第4波が発生しており、レースの開催が懸念されていたが、今回のカレンダー発表でその名前が消えることになった。

 ケープタウンePrixは2月26日の第4戦に予定されていたが、最新カレンダーでは3月5日に日程が変更された上、開催地が未定となっている。

 また、第5戦は中国で開催予定となっているが、開催地は未定となっている。フォーミュラEのCEOであるジェイミー・ライグルは以前motorsport.comに対し、2019年までレースを開催していた三亜の他、上海や深セン、成都と交渉を行なっていると語っていた。

 暫定カレンダーでは未定だった6月4日の第9戦は、ジャカルタでのレースが初開催されることになった。当初、ジャカルタePrixはシーズン6(2019-2020シーズン)に行なわれる予定だったが、コロナ禍で中止になっていた。

 ただ、ジャカルタePrixは大会開催のために市当局が5300万ポンド(約81億円)を投じていたとの報道があり、議論の的となっていた。この地域で相次いで洪水が発生していることもあって、グリーンピース・インドネシアが中心となって、インフラの改善にお金をかけるべきだとの声が挙がっている。

 7月、フォーミュラEの共同創設者でチャンピオンシップの最高責任者であるアルベルト・ロンゴは、ジャカルタとの間で契約が成立したものの、知事から最終発表の延期を求められたことを認めた。

 仮に、ケープタウンでの開催が正式に中止となった場合、オランダのアイントホーフェンが開催に名乗りを上げているため、フォーミュラEのシーズン8はこれまでで最長の、16レースで争われることになる。

 ダブルヘッダーの開幕戦は1月28・29日にサウジアラビアのディルイーヤで開催される。

2021/22 Formula E カレンダー

Round

日程

開催国

開催地

Rd 1 & 2

2022年1月28-29日

サウジアラビア

ディルイーヤ

Rd 3

2月12日

メキシコ

メキシコシティ

Rd 4

3月5日

TBD(未定)

TBD

Rd 5

3月19日

中国

TBD

Rd 6

4月9日

イタリア

ローマ

Rd 7

4月30日

モナコ

モンテカルロ

Rd 8

5月14日

ドイツ

ベルリン

Rd 9

6月4日

インドネシア

ジャカルタ

Rd 10

7月2日

カナダ

バンクーバー

Rd 11 &12

7月16-17日

アメリカ

ニューヨーク・シティ

Rd 13 & 14

7月30-31日

イギリス

ロンドン

Rd 15 & 16

8月13-14日

韓国

ソウル

 

Read Also:

 

シェア
コメント
フォーミュラE、来季から“ノックアウト予選”へと変更へ。上位は1対1で勝負のユニークな方式に
前の記事

フォーミュラE、来季から“ノックアウト予選”へと変更へ。上位は1対1で勝負のユニークな方式に

次の記事

F1シート失ったジョビナッツィ、フォーミュラEに挑戦。ドラゴン・ペンスキー入りを発表

F1シート失ったジョビナッツィ、フォーミュラEに挑戦。ドラゴン・ペンスキー入りを発表
コメントを読み込む