F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
38 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
52 days

中国人FEドライバーのマー・チンホワ、メキシコePrix前に14日間の検疫受ける

シェア
コメント
中国人FEドライバーのマー・チンホワ、メキシコePrix前に14日間の検疫受ける
執筆:
2020/02/05 6:29

中国人のフォーミュラEドライバーであるマー・チンホワは、中国政府のアドバイスに従い、14日間の検疫を受けているという。

 フォーミュラEに参戦しているNIOは、メキシコePrixを前にチームのドライバーであるマー・チンホワが新型コロナウイルスに感染していないかチェックするため、14日間の検疫を受けていると発表した。

 フォーミュラEは中国における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月21日に開催する予定だった第6戦三亜ePrixの延期を決断。コロナウイルスの影響は、中国EVメーカー『NIO』のフォーミュラEチームにも及んでいたようだ。

 チームは、前戦サンティアゴePrixを終えて、中国における旧正月”春節”を祝うために上海に戻ったという。しかし、チームスタッフは長期休暇を自宅で過ごすことになったようだ。

「NIO 333 フォーミュラEチームの中国人スタッフは全員、サンティアゴePrixの後、中国の伝統的な祝日を祝いました」と、チームは声明を発表した。

「コロナウイルスの流行に直面している政府のアドバイスに応え、チームのメンバー全員が、長期休暇中は上海の自宅に留まりました」

「スタッフ全員が健康で、現在は次戦メキシコシティePrixに向けて準備を進めています」

「ドライバーであるマー・チンホワは、2月2日にメキシコシティに到着しました。彼は”フォーミュラEおよびその関係者に対して責任ある態度”をとり、14日間の検疫を受けています」

 フォーミュラE第4戦メキシコシティePrixは、2月15日にエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催される。今季は、よりF1で使われているものに近いレイアウトでレースが行なわれる予定となっている。

 また、NIOはホームレースにあたる三亜ePrixについて「状況が改善され、三亜ePrixがカレンダーに戻るのを楽しみにしています。重要なレースで強力なパフォーマンスを見せることで、中国を支援したいと考えています」と付け加えた。

Read Also:

次の記事
フォーミュラE、”Gen2 EVO”を公開。より洗練された未来のマシンに

前の記事

フォーミュラE、”Gen2 EVO”を公開。より洗練された未来のマシンに

次の記事

FEメキシコシティ決勝:ジャガーのエバンスが独走V。日産のブエミは3位表彰台

FEメキシコシティ決勝:ジャガーのエバンスが独走V。日産のブエミは3位表彰台
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント 第4戦メキシコシティePrix
ドライバー マー チン・ホワ
チーム NIO Formula E Team
執筆者 Matt Kew